企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

イーグリッドが、医療系IT企業アズレックスを2022年11月21日に合併

e-Grid
血糖‐インスリン管理システム「Dia-Gate(ダイアゲート)」など臨床医療系プロダクトをイーグリッドより提供開始

 「IT×X」でお客様と社員の未来を作ることをミッションに掲げるITカンパニー、株式会社イーグリッド(本社:島根県出雲市、代表取締役:小村 淳浩/おむら よしひろ)は、「IT×医療」分野での事業の拡大の一環として、病院向けの血糖‐インスリン管理システム「Dia-Gate(読み:ダイアゲート、URL:https://www.e-grid.co.jp/product/diagate/)」の開発を手がけるアズレックス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役:栄川 英一/えいかわ えいいち)を、2022年11月21日に合併することを発表いたします。また、同日より、これまでアズレックスで開発してきたDia-Gate(ダイアゲート)を含む臨床医療系プロダクト3種を、イーグリッドの医療系プロダクトと併せて提供開始します。 医療系プロダクトに関する問い合わせフォーム:https://www.e-grid.co.jp/contact-medical/




 Dia-Gate(ダイアゲート)は、インスリン療法を受ける糖尿病患者の血糖測定、インスリン投与、実績管理までを一元化した、血糖‐インスリン管理システムです。インスリン療法とは、患者の体内で不足しているインスリンを注射によって補い、血糖をコントロールする治療法です。1~複数種類のインスリンを1日1~4回注射し、健康な人のインスリン分泌パターンを再現して血糖コントロールをすることを目的としています。そのため、患者の不足しているインスリンの種類、不足している分量、不足している時間帯を正確に把握し、補充する必要があります。血糖値とインスリン分泌の状態は患者によって様々であるため、医療現場ではそれぞれの患者に合わせて補充するインスリンの種類や投与するタイミングを正確に管理できるよう、医師と看護師が連携しやすい環境を整えることが求められています。

 今回の合併によって、地域に根付いたネットワークが強いイーグリッドと、Dia-Gate(ダイアゲート)などの先進的な医療システムの開発を長年手掛けてきたアズレックスが一体化し、「IT×医療」での領域の事業を拡大することで、より多くの病院のニーズに応えることが可能になります。その他、アズレックスが長年開発してきた自己血糖測定器データマネジメントシステム「Medilink(読み:メディリンク、URL:https://www.e-grid.co.jp/product/medilink/)」と、検体検査データ処理システム「ALPHA-NET(読み:アルファネット、URL:https://www.e-grid.co.jp/product/alphanet/)」を、イーグリッドが島根大学と共同開発しているオンライン薬理学実習シミュレーター「Pharmaco-PICOS(読み:ファーマコピコス、URL:https://www.e-grid.co.jp/topics/pharmaco-picos-2/)」と合わせて、イーグリッドのホームページより販売を開始します。

【取り扱い医療系プロダクト一覧】
・Dia-Gate(ダイアゲート、アズレックス開発)
・Medilink(メディリンク、アズレックス開発)
・ALPHA-NET(アルファネット、アズレックス開発)
・Pharmaco-PICOS(ファーマコ・ピコス、イーグリッド開発)

【医療系プロダクトに関する問い合わせフォーム】
https://www.e-grid.co.jp/contact-medical/

株式会社イーグリッド 代表取締役 小村 淳浩は次のように述べています。
「イーグリッドとしては、【IT×Xによって社会により良い影響を与え続ける会社になる。】というビジョンの元、これまでDia-gate(ダイアゲート)を中心に据えて医療業界の課題解決に真摯に取り組んでこられたアズレックス社と合併することで、イーグリッドの技術力と営業力を活かし、Dia-gate(ダイアゲート)をより多くの医療機関に広げる予定です。また、医療という切り口で、我々がこれまで取り組んできたMaas事業とかけあわせて医療Maasの領域において新たな事業展開を図るなど、医療業界の課題解決の幅を広げる取り組みを実施していく予定です。」

アズレックス株式会社 代表取締役 栄川 英一氏は次のように述べています。
「組織力と技術力を持っているイーグリッド社とのシナジー効果により、既存のユーザーにはより利便性が高いシステムを提供することができ、まだ認知してもらえていない施設にはDia-Gate(ダイアゲート)の価値を知ってもらい、新しい体制の中でユーザー数を増やし、Dia-Gate(ダイアゲート)が大きく進化していくことを期待しています。」

<アズレックス株式会社について>
医療システムの開発・運用・保守サービスを手掛ける医療系IT企業。医療機器のフィールドサービスやオーバーホールを主軸に2002年より事業を展開。2005年より、血糖値データ管理システムの技術支援業務を開始。2009年より、血糖‐インスリン管理システム「Dia-Gate(ダイアゲート)」の開発に乗り出し、現在まで13年間、プログラマー1名とフィールドSE1名の計2名体制で開発を手掛けています。

<株式会社イーグリッドについて>
「進化し続け、IT×Xによりお客様の課題を解決し、ビジネスを成功に導くことでお客様と社員の未来を創る」をミッションに掲げ、2010年11月に島根県出雲市に本社を設立して以降、東京、神戸に進出。現在は鳥取県進出に向けて、より高度なイノベーション体験を得ながら共に成長できる地域社会を創造することを目指し、産官学で連携しています。また、世界各国からの優秀なエンジニアを保有しており、”山陰エリアのインターナショナルITカンパニー”を目指し、事業拡大中です。島根ニアショア開発拠点において、東京、大阪、名古屋エリアの開発案件に携わるとともに、Ruby on Railsを用いたソフトウェア開発やテレマティクス開発、webマーケティングなどのITソリューションで様々な社会課題を解決し、未来の世界に貢献します。https://www.e-grid.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)