医療・医薬・福祉

国内初、自動運転ロボット車椅子「PathFynder」取り扱いを開始。神奈川県が実施する『ロボット実証実験支援事業』でも採択。

Senxeed Robotics株式会社
サービスロボットのローカライズとグロース支援を行うSenxeed Robotics株式会社(本社:東京都/代表取締役社長:青柳 和洋、以下当社)は、国内で初めてUBTECH社(本社:中国深圳)の自動運転及び運転アシスト機能を持つロボット車椅子「PathFynder」の取り扱いを開始します。合わせて、神奈川県が実施する令和4年度後期「公募型『ロボット実証実験支援事業』」に採択され、介護施設での実証実験を予定しています。また、2022年11月30日から12月2日まで大阪で開催される展示会「CareTEX大阪’22」に当機種を国内初出展いたします。





ロボット車椅子「PathFynder」の概要


自動運転によりスマホ操作で目的地に移動すると共に、無人での移動も可能なため生産性向上に寄与します。搭乗者が自分で運転する場合にも、安全運転サポート機能により安全・安心して移動することができます。


メーカー:UBTECH
寸法:982.5*692*890 mm
材質:アルミ合金,シームレス鋼管,ABS
重量:49.5kg
移動速度:最大:1.2m/s;最小Min:0.1m/s
商品詳細:
https://www.senxeed.com/robot-introduction-aiwheelchair
自動運転動画:
https://www.youtube.com/watch?v=lURGXbxdLcY



令和4年度後期公募型『ロボット実証実験支援事業』」の概要


神奈川県では、「さがみロボット産業特区」の取組の一環として、生活支援ロボットの実証実験の企画を全国から募集し、支援する「公募型『ロボット実証実験支援事業』」を実施しており、弊社の採択が決定致しました。

・実証実験の名称: ロボット車椅子による介護施設での移動支援の実証実験
・実証実験の概要: ロボット車椅子により、介護スタッフの業務削減に繋がるかを検証する



CareTEX大阪’22の概要


介護業界西日本最大級の商談型展示会CareTEX大阪で、弊社とロボットメーカーであるUBTECH社が共同で出展します。来場事前登録等の詳細はHP上にてご確認ください。 http://osaka.caretex.jp/

・名称:CareTEX大阪’22
・会期:2022年11月30日(水)~12月2日(金) 9:30~17:00 (受付開始 9:00)
・会場:インテックス大阪
・主催:ブティックス株式会社



Senxeed Robotics(センシードロボティクス)の概要


多様なロボットの導入が拡大していく中で、人とロボットが共生する社会を創っていくことを目指し、国内外のロボットメーカーと連携を図りながら、ロボットの導入、社会実装を進めています。

社名: Senxeed Robotics株式会社(旧:IGP ROBOTICS株式会社)
代表: 代表取締役社長 青柳 和洋
本社: 東京都港区南麻布2-8-21 SNUG MINAMI-AZABU302
ホームページ: https://www.senxeed.com/
事業内容:
· ロボットを活用したソリューションの企画・開発・運営
· ロボット向けプラットフォームの提供
· 海外ロボットメーカーの国内展開、輸入及び代理店


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)