デジタル製品・家電 企業向けシステム・通信・機器

スキンケアシェーバー「ラムダッシュ」ES-MT21を発売

パナソニック

スキンケアシェーバー「ラムダッシュ」ES-MT21 本体
パナソニック株式会社は、普段のシェービング時に肌のお手入れが同時にできる新構造を採用したスキンケアシェーバー「ラムダッシュ」ES-MT21を2020年7月1日より発売します。

近年、メンズコスメティック市場の関心の高まりに伴い、パナソニックの男性向けグルーミング商品も豊富なラインアップを揃え好評です。そのような中、化粧水使用者がメンズシェーバー購入時に重視する項目は「剃り残しの無さ」と並び「肌へのやさしさ」が約4割(※1)と、肌ケアの関心が高くなっています。

本製品はシェーバー本体ヘッド部に搭載したイオンプレートが肌に接触することで、予め肌に塗布した普段使用する化粧水の主な保湿成分(ヒアルロン酸など)を角質層まで浸透させることができる機能を、世界で初めて(※2)搭載しました。これにより、普段のシェービングで化粧水の保湿成分の浸透量アップ(※3)が可能になりました。イオンプレートはパナソニックの導入美顔器イオンエフェクター(※4)に搭載した「電気浸透流(※5)」の機能を応用した独自設計で、シェービング時以外でも、プレート正面部を目尻や頬、口まわりなどに当てて使えます。化粧水(※6)は市販のものが使用できるほか、乳液や美容液、クリーム、シートマスクに含まれる保湿成分(※6)(※7)もより効果的に浸透させます(※3)。

シェーバー駆動部は高速リニアモーター搭載のラムダッシュ3枚刃シリーズをベースに開発しており、濃いヒゲでもパワーダウンせずにカットします。

パナソニックは本製品により、シェービングとスキンケアの新しい習慣を提案します。

<特長>
1. 世界初(※2)「電気浸透流(※5)」機能搭載により、シェービングしながらスキンケア
・化粧水(※6)の保湿成分を肌の角質層まで浸透(ヒアルロン酸の場合、手で塗るより浸透量1.7倍(※8))
・肌の水分減少を抑制し(※9)、うるおいある肌へ(化粧水塗布から3時間後の肌水分減少を1/4に抑制(※10))
2. イオンケアモード搭載でスキンケアのみ使用も可能
・目尻や頬、口まわりなどに使用可能・乳液、クリーム、美容液、シートマスクも使用可能(※7)
3. 高速リニアモーターで約13,000ストローク/分の快適シェービング

【品名】スキンケアシェーバー
【愛称】ラムダッシュ
【品番】ES-MT21
【希望小売価格(税込)】オープン価格
【発売日】2020年7月1日
【月産台数】5,000台

※1 20代~40代の男性(各世代500名 計1,500名 2019年6月 パナソニック調べ)
※2 家庭用電気シェーバーにおいて。2020年7月1日発売予定。パナソニック調べ
※3 角質層への浸透。ヒアルロン酸分子量5,000~10,000を使用した浸透試験に基づく。パナソニック調べ。
※4 イオンエフェクターEH-ST76
※5 プラスからマイナス電極へ向かって発生する水の流れを利用し、保湿成分の角質層への浸透性を高めます。
※6 ヒアルロン酸などの保湿成分を含む化粧水など。
※7 イオンケアモード使用時のみ。
※8 ヒアルロン酸水溶液を手で塗布後に化粧水浸透シェービング(イオンレベル:強、温感:高)した場合の浸透面積4,625 平方マイクロメートル/平方ミリメートルと、手で塗布しただけの場合の浸透面積2,557 平方マイクロメートル/平方ミリメートルの前腕での比較。パナソニック調べ。
※9 半顔にて比較。化粧水塗布直後から3時間後の肌の水分減少率試験に基づく。パナソニック調べ。
※10 室温20℃、湿度50%、半顔にて試験。化粧水塗布直後から3時間後の肌の水分減少率、シェービングモード(イオンレベル:強、温感:高)で浸透させた場合:-2.81%と、手で塗布のみの場合:-12.72%との比較。パナソニック調べ。

【お問い合わせ先】
パナソニック 理美容・健康商品ご相談窓口
フリーダイヤル:0120-878-697(受付9時から18時)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] スキンケアシェーバー「ラムダッシュ」ES-MT21を発売(2020年5月11日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2020/05/jn200511-1/jn200511-1.html

<関連情報>
・パナソニック メンズシェーバー
https://panasonic.jp/shaver/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)