美容・健康 住宅・建築・建設

健康経営ソリューション『COMORE BIZ』ノウハウ提供によるテレワーク応援企画『コモレビズ アット ホーム』5月11日開始 

株式会社パソナグループ
従業員のストレスを見える化『非接触バイタルセンシングサービス』提供等

パソナグループのパソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 青山光洋、以下「PBS」)は、これまで提供してきた健康経営ソリューション『COMORE BIZ』(以下「コモレビズ」)のノウハウを活かし、テレワークをする方々と企業を応援する企画『コモレビズ アット ホーム』を5月11日(月)から開始し、以下サービスを提供いたします。いたします。





1. テレワーク長期化により従業員の健康管理に課題を抱える企業向けに、従業員のストレス状況を可視化する『非接触バイタルセンシングサービス』を、テレワーク応援キャンペーンとして初期登録費用を無料に、月額利用料・疲労度レポートを初月無料にて提供

2. テレワークをする方々向けに、テレワーク時のストレス軽減・生産性向上を目的に、リビングや書斎における緑化を支援するランチョンマット型『コモレビズ アット ホーム シート』をHP上で提供

3.心理学の側面からテレワーク時における効率の高め方やタイムマネジメントの仕方、成功するチームの秘訣などを解説するコラムをHPに掲載



■『コモレビズ アット ホーム』概要

◇『バイタルセンシングサービス』応援キャンペーン

期間: 2020年5月11日(月)~7月31日(金)お申し込み分まで

内容: 
通常はコモレビズとセット導入を条件としている『非接触バイタルセンシングサービス』を応援キャンペーンとして、上記間中、単独で提供する

<非接触バイタルセンシングサービス>
日常業務に利用するパソコン内蔵のカメラで、従業員の頬部分をセンシングし、得られる推定バイタル情報から、ストレス状態を推定値として算出し見える化。クラウドサーバーで蓄積・管理し、企業に毎月「従業員の疲労度レポート」を提出することで、企業は従業員の健康管理・ストレス予防を行うことができる

料金:
応援キャンペーンとして、初期登録費用を無料、月額利用料・疲労度レポートを初月無料で提供(※以下金額は全て税別)
・初期登録費用(1IDあたり10,000円)/無料
・月額利用料(1IDあたり950円)/初月無料
・疲労度レポート(1法人50名まで49,000円)/初月無料

例)1社30名お申込みの場合
通常価格:初月 377,500円、次月以降77,500円
→キャンペーン価格:初月0円、次月以降77,500円

URL: https://www.pasona-pbs.co.jp/topics/2020/0511.html

お申込み: 
パソナ・パナソニック ビジネスサービス Tel 0120-551-036(平日9:00~17:30)


◇『コモレビズ アット ホーム シート』

内容:

『コモレビズ アット ホーム シート』(下記)に書かれているポジションを参考に植物やパソコンを置くと、在宅勤務時のストレスを軽減できる


利用方法: 
1.以下URLから、『コモレビズ アット ホーム シート』(A3版PDF、A2版PDF)をダウンロード
2.『コモレビズ アット ホーム シート』 に記載されている「植物選びのポイント」を参考に植物を準備
3.『コモレビズ アット ホーム シート』に書かれているポジションにパソコンや植物を置く

URL: https://www.pasona-pbs.co.jp/comorebiz/athome/


◇ 『コラム』

内容: 
心理学から読み解く在宅勤務での効率の高め方やタイムマネジメント、成功するチームの秘訣など、清水あやこ氏監修のコラムを順次掲載

<コラム内容>※タイトルは仮称
・やり方を変えよう!在宅勤務でのコミュニケーション、ストレス対処法
・心理学的に考える!在宅金鵜での生活リズムの整え方、効率の高め方
・コロナに負けない!在宅勤務でも成功するチームの秘訣

<清水あやこ氏プロフィール>

株式会社HIKARI Lab代表取締役。筑波大学大学院非常勤講師。
上智大学国際教養学部を卒業し、外資系証券会社勤務を経て、東京大学大学院
臨床心理学コース修士課程修了。2015年、心理ケアサービスのスタートアップHIKARI Labを創業。筑波大学大学院では、システム情報工学研究科にてAIや
遺伝子介入が発展した際にヒトの「心」をどう扱うべきか、という主旨の講義を行っている


■ 「コモレビズ」とは
コモレビズは、ワークプレース(職場環境)をライトプレース(人間に最適な自然環境)に近づける「バイオフィリア」理論で健康経営を促進し、持続可能な日本の未来に貢献します。バイオフィリアを具現化するバイオフィリックデザインとは、人工的な環境下において、人と自然のつながりを創造し、人の健康と幸福を向上させる空間デザインです。コモレビズでは、ストレス軽減につながる最適な「緑視率」(人の視界に占める観葉植物の割合。植物の多さを示す指標)が10~15%という実証実験結果と独自の植物データベースに基づき、顧客企業のニーズに応じたオフィス空間をデザインし、導入後の効果測定をストレスの数値化により提供します。コモレビズのバイオフィリック・ソリューションは、ワークプレースの概念を変え、働く人と企業のウェルビーイングに貢献し、生産性の向上を促進します。コモレビズは、パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社が展開する事業です。

ホームページ: https://www.pasona-pbs.co.jp/comorebiz/
コモレビズ導入事例: https://www.pasona-pbs.co.jp/comorebiz/case/

■ 会社概要 
パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社は、総務機能のアウトソースを請け負うBPO(Business Process Outsourcing)会社として、さまざまな企業へ「戦略的総務」の観点から、コモレビズを含む高付加価値サービスを展開しています。

会社名: パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社

代表者:
代表取締役社長  青山 光洋
代表取締役副社長 岩月 隆一

所在地: 大阪市中央区北浜東4番33号 北浜NEXU BUILD(北浜ネクスビル)

設立: 1987年10月1日

資本金: 2,000万円

ホームページ: https://www.pasona-pbs.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)