医療・医薬・福祉

国内最大級のクリエイティブアワードにて「ACCシルバー賞」を受賞 ロシュ・ブランドムービー「さいしょに病気とたたかう薬は検査薬だ」

ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長 兼 CEO:小笠原 信)が2022年2月に発表したブランドムービー「さいしょに病気とたたかう薬は検査薬だ」が、日本最大級のクリエイティブアワード「2022 62nd ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」において、フィルム部門 Bカテゴリー(テレビCM以外のOnline Filmのカテゴリー)の「ACCシルバー賞」を受賞しました。




■ 受賞作品詳細
部門:2022 62nd ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS フィルム部門 Bカテゴリー
題名:「さいしょに病気とたたかう薬は検査薬だ」
広告会社:ジェイアール東日本企画
制作会社:xpd
作品詳細:https://www.youtube.com/watch?v=buGnT_kXyLE

■ ブランドムービー制作の背景
ロシュが取り扱う「検査薬」を用いた検査には様々な役割があり、病気になる前の診断、病気になってからの健康状態のモニタリングなど、ヘルスケアのあらゆるシーンで登場しています。このブランドムービーは、誰でも病気になる可能性があること、早く見つかれば治る病気があることを広く知っていただき、検査を通じて人々のより健やかな人生に貢献したいという思いを込めて制作しました。

■「ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS」について
テレビ、ラジオCMの質的向上を目的に、1961年より開催されてきた広告賞「ACC CM FESTIVAL」を前身とし、現在はあらゆる領域におけるクリエイティブを対象としたアワードにリニューアルされています。名実ともに、日本最大級のアワードとして広く認知されており、さまざまな業界の第一線で活躍するクリエイターや有識者、著名人などの審査委員による厳正な審査を経て、各賞が決定しました。62回目となる今年は、全8部門、応募総数は2,553件、その内Bカテゴリーへの応募は426作品ありました。

■ ブランドムービー詳細
・タイトル:「さいしょに病気とたたかう薬は検査薬だ」
・動画URL:
 フルバージョン https://www.youtube.com/watch?v=buGnT_kXyLE
 60秒 https://www.youtube.com/watch?v=G0_WE3XZ6Vs
 30秒 https://www.youtube.com/watch?v=gAi6moKg44Y






ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社について
創立125周年を迎えたロシュグループは、ヘルスケア業界で革新を起こし続ける、世界有数のバイオテックカンパニーです。医薬品と診断薬を併せ持ち、健康・予防・診断・治療・予後のすべてのステージにおいて、医療従事者の皆さまと患者さんが最適な治療選択や意思決定をできるよう支援しています。
ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社はロシュ診断薬事業部門の日本法人です。日本における診断薬事業は50年の経験と実績があり、2022年1月現在で従業員702人、全国8都市にオフィスを有し、体外診断用医薬品・医療機器事業、研究用試薬・機器事業などを幅広い領域で展開しています。診断の革新によりヘルスケアの未来を形づくり、人々がより健やかに、自分らしい人生を送れるようサポートすることを目指しています。
詳細は、https://www.roche-diagnostics.jpをご覧ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)