医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

TXP Medical株式会社、埼玉医科大学と電子カルテと連携するがん臨床情報標準化プラットフォームを開発する共同研究を開始!

TXP Medical
TXP Medical株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:園生智弘、以下TXP Medical)と学校法人埼玉医科大学(所在地:埼玉県入間郡、理事長:丸木清之、学長:別所正美、以下 埼玉医科大学)は、がん臨床情報のデータ収集を標準化・効率化させることを目的とした電子カルテ連携がん診療情報標準化プラットフォームを開発する共同研究を開始致します。 本研究で得られた成果をもとに、医療現場の業務負担を軽減することで、日本のリアルワールドデータの創出、がん研究の発展に貢献致します。


NSOlogo
【背景】
医療現場における日々の診療においては、患者の主訴や理学所見、アセスメントや医療判断などはカルテに記載され、多くの場合、文章などの非構造化データして記録されます。このようなデータは医師ごと・施設ごとの記載のバリエーションが多く、標準化されていないデータとして蓄積されます。その結果、後日行う臨床的な統計や研究の推進が非効率になってしまいます。病院によっては、テンプレートを作成して記載の定型化を図ることがありますが、テンプレートも病院ごとのバリエーションが生じるため、日本全国でデータを収集するには不向きです。そこで、がん診療を行う病院の多くの診療科では、診療科独自のデータベースを作成し、カルテとは別個にデータを保管していることがほとんどです。こうした診療科独自のデータベースはその後の統計解析などに有用である反面、診療科ごとにデータベースが乱立した結果、依然として日本全体としてデータを統合することは容易ではありません。加えて、診療科独自のデータベースは基本的に医師が自力で転記して作成、管理していることがほとんどです。
TXP Medical は、そのような診療科独自のデータベースを高度化した構造化汎用データベースであるNEXT Stage Oncology を2022 年4 月より提供しています。複雑なデータベースはややもすると入力が困難になりがちですが、構造化サポート機能やデータウェアハウス(DWH)と連携することで、ユーザーの視点に立った入力支援機能に重きをおいております。
このように蓄積される臨床病理学的情報は、ゲノム研究や基礎的な研究、各種学会における研究においても重要になります。NEXT Stage Oncology プラットフォームでは、既に院内がん登録、C-CAT登録、NCD登録の一部に沿った形で出力できるように対応しておりますが、臨床研究・治験・基礎研究の経験の豊富な埼玉医科大学埼玉医科大学国際医療センターと共同して、重要ながん臨床項目の保存や出力においてより柔軟な対応を可能とするがん臨床情報標準化プラットフォームの開発を進めます。



【本研究の概要】
がん臨床研究、ゲノム研究や基礎研究、各種学会におけるレジストリ研究において重要となる臨床情報を広く洗い出し、それを標準化した状態で保存できるようにします。この時点で項目漏れが生じると、結果的にデータ入力現場では二度手間になってしまいますので、慎重に構造化すべきデータを定義します。
その上で、DWH から自動連携可能なデータ、あるいは既存データから算出できるデータは機械的に抽出可能とすることで、データ入力者の負担を軽減します。同時に、ヒューマンエラーも減らすことができ、結果的にデータの信頼性も向上します。本共同研究では、簡単操作で自動作成される構造化データベースを様々なデータベースに統合可能とすることを最終目標にしています。

【今後の予定】
現在はデモ患者データで試作開発を進めており、2023 年5 月以後には実患者データを使用してデータベースのブラッシュアップを行い、その仕様を決定する方針です。実用性が確認された段階で、NEXT Stage Oncology の製品版にも機能展開を開始する予定です。

【埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科 教授 長谷川幸清】
電子カルテの情報を構造化し、入力支援システムを併用した上で、レジストリや様々な研究にアウトプットスタイルを調整して対応できるようにすることは、ヒューマンエラーを減少させ、データの質を向上させます。また、反復作業をなくし、現場の医師の負担をかなり軽減させると考えます。効率的な研究を進めるだけでなく、医師の働き方改革を進める上でも強力なパートナーとなることを期待しています。

【TXP Medical 株式会社 オンコロジー事業部/医師 佐藤雅和】
TXP Medical では従来、急性期医療領域に特化したデータシステム NEXT Stage シリーズの開発・提供を行ってきました。そのノウハウを、オンコロジー領域でも活かすべく、2022 年4 月よりNEXT Stage Oncology の提供を開始してまいりました。この度、このような当社の製品を、ゲノム研究や基礎研究などにも突合可能とする、より高みをめざすという視点をいただき、埼玉医科大学様と新しい取り組みを開始します。医療現場ファーストの理念はぶれずに、オンコロジー領域においても挑戦してまいりますので、ぜひご注目いただきたく思います。


【 TXP Medical について 】

会社名:TXP Medical 株式会社(TXP Medical Co. Ltd.)
本社:東京都千代田区神田東松下町41-1 H1O 神田706
東大オフィス:東京都文京区本郷7-3-1 東京大学南研究棟252 室
代表者:代表取締役 園生 智弘
設立:2017 年8 月
https://txpmedical.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)