美容・健康 ビジネス・コンサルティング

『「人的資本経営」実現に不可欠な「メンタルヘルスケア」』トークセッション開催のお知らせ

Intellect Company Pte. Ltd.
人的資本経営が求められる現代におけるメンタルヘルスケアの役割と重要性とは?2022年12月6日(火)18:30~@wework渋谷 スクランブルスクエア

Intellect Japan株式会社(本社:東京都港区、以下、「Intellect Japan」)は、『「人的資本経営」実現に不可欠な「メンタルヘルスケア」』と題したパネルディスカッションを2022年12月6日(火)18:00より、東京都渋谷区の「Wework 渋谷スクランブルスクエア」にて開催致します。



本セミナーでは、企業勤務時代に経験した同僚のメンタル不調をきっかけに産業医/精神科医を志し、大学卒業後、数多くの企業で産業医を務める「VISION PARTNER メンタルクリニック四谷医院」院長で精神科医の尾林誉史先生と、脱・指示命令/管理統制型の組織を目指す経営者や経営幹部を対象とした1on1コーチングやチームビルディングセッションを数多く手掛ける「株式会社はぐくむ」代表取締役の小寺穀氏を招いて、人的資本経営に不可欠な従業員のメンタルヘルス対策の重要性やメンタルヘルスケアやコーチングを導入する企業の導入例、導入効果などをトークセッションを通して、お話しさせて頂きます。
 人的資本経営に欠かせないメンタルヘルスケアについて専門家も含めて学べる機会となっておりますので、是非ご参加ください。

【『「人的資本経営」実現に不可欠な「メンタルヘルスケア」』トークセッション開催概要】
開催日時:
2022年12月6日(火)18:00~19:30(開場:17:30)
会場:
Wework 渋谷スクランブルスクエア(渋谷スクランブルスクエア39階)
住所:
東京都渋谷区渋谷2丁目24−12 渋谷スクランブルスクエア内
最寄駅:
各線「渋谷」駅 徒歩5分
登壇者:
尾林 誉史 先生(精神科医/産業医VISION PARTNER メンタルクリニック四谷 院長)
小寺 毅 氏(株式会社はぐくむ Founder CEO)
松田 ジェフ(Intellect Japan株式会社 カントリーマネージャー)
内容:
・人的資本経営が求められる背景
・メンタルヘルスケアの重要性と既存制度の問題点
・人的資本経営とメンタルヘルスにおけるコーチングが果たす役割
・メンタルヘルスケアソリューション「Intellect」と導入企業事例


<<参加フォーム>>
会場入館に際して入館許可書が必要となりますので、12月5日(月)16:00までに下記登録フォームにご登録お願い致します。ご登録後、入館書をメールにてお送りさせて頂きます。
https://forms.gle/CGUcYrj4qKnuRNyD7

■ トークセッション実施背景
 近年、従業員をコストと見なす従来の経営手法から、従業員が持つ知識や能力を「資本」と見なし、従業員への教育訓練、職場環境の改善、エンゲージメントを高める施策により中長期的な企業価値向上を目指す「人的資本経営」を取り入れる企業が増えているほか、2019年4月(中小企業は2020年)1日に施行された「働き方改革関連法」により、従業員の有給休暇所得の義務化、残業時間の上限が原則45時間/月(360時間/年)に設定されるなど、従業員の「能力」と「健康」が企業の成長戦略の柱になりつつあります。また、2018年12月に国際標準化機構より「人的資本に関する情報開示のガイドライン」が公表されたことに加え、日本においても2023年3月期より有価証券報告書に人的資本情報の開示が義務付けられるなど、企業において従業員のパフォーマンスを最大化させる環境整備が急務となっています。


 一方、厚生労働省の「労働安全衛生調査(2021年)」によると、過去1年間にメンタルヘルス不調により1ヶ月以上休職した労働者が前年調査時から1ポイント上昇の8.8%、退職した労働者も前年調査時から0.4ポイント上昇の4.1%と本事項が公表された2018年調査以降、メンタル不調を起因とする休職と退職が年々増加している結果が発表されたほか、ストレス要因として「仕事の量」、「仕事の失敗・責任の発生」、「仕事の質」、「対人関係」が挙げられていることに加え、年齢が高まるにつれて、「相談相手」がいない比率も高まる結果となっています。これらの課題に対して、労働者が50名以上の事業所に対して年1回のストレスチェックの義務化、産業医の勧告強化など制度面の拡充がされているものの、人的資本経営の柱となる従業員のパフォーマンス最大化で不可欠なメンタルヘルスケアにおいて、メンタル不調についての理解不足、予防方法の確立不足などが指摘されております。

 このような状況の中、メンタルヘルスケア・ソリューションを提供する当社では、メンタル不調に対する正しい理解、重症化を防ぐ手段、ストレスチェックやEAPなどの現行制度に対する課題などを専門家と共にトークセッションにてお話しさせて頂きます。


<<「Intellect Japan株式会社」について>>
Intellect Japan株式会社は、アジア最大のメンタルヘルスケアスタートアップで、シンガポールに本社を構えるIntellect Company Pte. Ltd.が100%を出資する日本法人です。Intellectでは、アジアを中心に20の国と地域の300万人以上の利用者に対して、14言語でメンタルヘルス・ソリューションを提供しております。Intellect Japanでは、Intellectが提供するメンタルヘルスケア・ソリューションに加え、日本市場に適したサービス開発と提供、及び導入企業に対して、利用率向上を目的とした導入支援を行なっております。
会社名: Intellect Japan(インテレクト ジャパン)株式会社
所在地: 東京都港区虎ノ門1丁目17番虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー15階
URL:https://jp.intellect.co/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)