医療・医薬・福祉

訪問看護領域に本格参入 逼迫する在宅医療現場を支援 パソナ 『ホーム ナーシング事業』 11月24日 開始

株式会社パソナグループ
株式会社パソナ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長COO 中尾慎太郎)は、全国の医療機関や訪問看護ステーション等を対象に、地域医療の中核を担い将来の医療現場を支える「訪問看護人材」を紹介する『ホーム ナーシング事業』を11月24日(木)より開始いたします。


厚生労働省は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、地域に住む一人ひとりのライフスタイルに合わせた暮らしの実現に向けて住まい・医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築を目指しています。
しかしながら、2025年には在宅医療を受ける人が100万人を超え、その中核的な役割を担う訪問看護人材は約10万人不足すると言われており、医療ニーズの高まりと人手不足により在宅医療の現場が逼迫する中で、持続可能な地域医療体制の構築が危ぶまれています。

そこでこの度、パソナは訪問看護領域での人材サービスに本格参入。専門部署を立ち上げ、『ホーム ナーシング事業』を11月24日より開始いたします。パソナグループの有する全国拠点ネットワークと看護師資格を有する約4万人のエキスパートスタッフ(派遣登録社員)のデータベースを活かし、使命感を持って在宅医療の現場を志す「訪問看護人材」と、人材不足に悩む医療機関や訪問看護ステーションを、人材紹介サービスを中心にマッチングしてまいります。

パソナは本取り組みを通して、地域医療に貢献し日本の未来を支える訪問看護人材を増やし、年齢問わず誰もがイキイキと暮らしていける社会の実現に寄与してまいります。

■ パソナ『ホーム ナーシング事業』概要

開始:
2022年11月24日(木)

内容:
全国の医療機関や訪問看護ステーション等を対象に、地域医療の中核を担い将来の医療現場を支える「訪問看護人材」を紹介する

特徴:
1.人材紹介を中心に全国でサービスを提供
パソナグループの有する全国拠点ネットワークと看護師資格を保有する約4万人のエキスパートスタッフのデータベースを活用

2.一人ひとりのキャリアやライフスタイルに合わせた就労支援
就業時間・場所など柔軟な働き方を実現できる勤務先を紹介

3.様々な不安・悩みに寄り添うフォローアップ体制
キャリアや生活面など様々な不安や悩みに寄り添う専門職「ワークライフファシリテーター※」によるサポートや、訪問看護領域を含む様々なキャリア経験を有する専門スタッフによる相談窓口を設置
※ 育児や介護等の様々なライフイベントに関する専門知識を持ち、“キャリア”と“ライフ”の多様な相談に対応する専門家

お問合せ:
株式会社パソナ メディカル健康経営本部 訪問看護チーム
Tel   03-6734-1278
E-mail v_nurse@pasona.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)