医療・医薬・福祉 美容・健康

オープンイノベーションの取り組みを加速 皮膚関連領域において花王と共同開発を開始

第一三共ヘルスケア株式会社
基盤技術や製剤化技術を相互に有効活用

第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区、社長:吉田勝彦、以下「当社」)は、花王株式会社(本社:東京都中央区、社長:長谷部佳宏、以下「花王」)と共同開発に関する契約を本年11月24日(木)に締結しました。 これにより、両社の基盤技術や製剤化技術を相互に活用し、生活者向けヘルスケア製品を共同開発する取り組みを開始することをお知らせします。


ロゴ
 当社は、「人生100年時代のクオリティ・オブ・ライフを支える」というビジョンのもと、社外パートナーとの共創を積極的に進めることにより、人々の健康で豊かな生活に貢献する新たな価値の創造に挑んでいます。このたびの契約締結に基づく取り組みとして、当社のOTC医薬品の製品開発で培った技術や知見を活かし、花王が有する皮膚用製剤技術を応用することを目指した共同開発を開始します。

 これまでも当社では、「科学的根拠」「お客様が感じる満足」「継続的な新しい付加価値の創出」を追求し、自社内での探索研究はもとより外部研究機関との共同研究や製造を委託しているパートナー企業との技術開発に取り組み、機能性や有効性、安全性の高い製品開発に努めてまいりました。今後さらに、当社が培ってきた知見を外部の多彩な技術と掛け合わせることで、より品質の高い革新的なヘルスケア製品の開発を目指すオープンイノベーションの取り組みを加速してまいります。


<ご参考>
第一三共ヘルスケアについて
 第一三共ヘルスケアは、第一三共グループ*の企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考えのもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。
 現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、コーポレートスローガン「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」を掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。
こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。

* 第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています。


花王について
花王は、2021年から、「未来のいのちを守る~Sustainability as the only path」をビジョンに掲げた中期経営計画「K25」を推進しています。今後も、経営にESGの視点を導入し、事業の発展と、消費者や社会へのよりよい製品・サービスの提供をめざし、パーパスである「豊かな共生世界の実現」に向けて取り組んでいきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)