出版・アート・カルチャー 外食・中食

これからの寒い時期におすすめ!【“温活”を手軽に】免疫力アップで冬の健康習慣をスープからはじめませんか? /新刊『野菜もりもり スープこそ最高のごちそう。』11月25日(金)発売

株式会社主婦と生活社

家族や自分の健康を支え、免疫力を上げてくれる“野菜たっぷりスープ”のレシピ集。お家に常備して、「今日は何を作ろう?」と思ったときに開いてほしい一冊『野菜もりもり スープこそ最高のごちそう。』は11月25日(金)発売。主婦と生活社より刊行。



●温活に免疫力アップ、冬の健康習慣はスープから!
体にいいものを食べたい、家族に食べてもらいたいと思いながら、忙しい毎日の中ではなかなか実践できないのが現実。そんなとき、野菜たっぷりスープなら、「簡単に作れて」「忙しいときにもサッと出せる」から、頑張らなくても続けられる健康習慣に。汁ごといただくことで、スープに溶け出した水溶性食物繊維などの栄養も逃さずとれるのがうれしいポイント。また、冬は水分不足から便秘になりやすいため、たくさんの野菜と水分がとれるスープは腸活にもおすすめなんです!

●8kgダイエットした著者が、毎日食べていたのもスープ
著者の阪下千恵さんは今でこそスレンダーですが、コロナ禍のステイホームをきっかけに体重が増加してしまったため、食習慣を見直し。今年に入って8kgのダイエットに成功しました。ダイエット中に毎日食べていたのが、野菜たっぷりのスープ。

「野菜をたくさん食べるために、具だくさんのスープやみそ汁は欠かせませんでした。また、お昼ご飯は、スープ+主食(ごはん)のシンプルな組み合わせにすることが多かったです」(阪下さん)

一品でおかずの代わりになるのも具だくさんスープのいいところ。


〈阪下さんがダイエット中によく作っていたスープはこちら!〉

(1)3食野菜のごま風味豚汁



(2)あさりと豆腐のキムチチゲ風



(3)ベビーホタテと豆苗の豆乳オイスタースープ




●毎日食べても食べ飽きない! 100レシピを掲載
本書では、“野菜が主役のスープ”を、毎日食べても飽きない、幅広いレシピで掲載。ホッと落ち着く「和のおかずスープ」、ごちそう感のある「洋のおかずスープ」、家庭で手軽に作れる「中・韓のおかずスープ」のほか、副菜や主食になるスープまで。朝、昼、晩、どんなシーンでも「食べたい、作りたい」と思える一品が見つかります。
冷凍できるミネストローネの七変化アレンジ、スープに合わせたい食パンアレンジなど、日々の献立作りに役立つコラムも充実!
また、食材の値上げが続く中、冷蔵庫に残った食材で作れるスープは、フードロスも防げて、家計お助けにも。家族や自分の健康を支え、免疫力を上げてくれる“野菜たっぷりスープ”は、心にも体にもまさに「ごちそう」。「今日は何を作ろう?」と思ったときに開いてほしい一冊です。





【書籍概要】
書名:野菜もりもり スープこそ最高のごちそう。
著者:阪下千恵
発売日:2022年11月25日(金)
定価:1,540円(税込)
https://www.shufu.co.jp/bookmook/detail/978-4-391-15875-5/
■Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4391158752/
■楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17305804/

〈目次〉

【1章】和のおかずスープ
塩豚とキャベツのわさび風味スープ/肉巻きなすの塩こうじスープ/ズッキーニとくずし豆腐の梅しらすスープ/ほうれんそうと豚肉のポン酢味みぞれスープ ほか

【2章】洋のおかずスープ
えびとあさりのブイヤベース風/たいのアクアパッツァ風スープ/豚肉とさつまいも、栗のガーリックスープ/かきとほうれんそうのチャウダー ほか

【3章】中・韓のおかずスープ
豚ひき肉ともやしの担々麺風スープ/すり身だんごと大根の台湾風スープ/手羽元とごぼうのサムゲタン風スープ/鶏つくねと白菜の春雨スープ ほか

【4章】サッと作れる副菜スープ
そら豆とグリーンピースのチーズクリームスープ/レタスとミニトマトのコンソメスープ/シーフードミックスのタイカレー風スープ/ズッキーニと玉ねぎのチーズがけスープ ほか

【5章】スープ麺・スープご飯
マッシュルームとブロッコリーのクリームスープスパ/明太子入り豆乳スープうどん/あさりのにゅうめん風スープ/なすとトマトのスープカレーそば ほか


【著者紹介】


阪下千恵(さかした・ちえ)/料理研究家・栄養士
大手外食企業、食品宅配会社を経て独立。夫、2人の女の子との4人家族で、子育ての経験を生かした作りやすくて栄養バランスのいい料理が好評を博す。書籍、雑誌、企業販促用のレシピ開発、食育講演会講師など、多岐にわたり活躍中。『耐熱ガラス容器で毎日ラクチンレシピ』(ワン・パブリッシング)、『キッチンがたった1日で劇的に片づく本』(小社刊)など著者多数。

YOUTUBEチャンネル『料理研究家 阪下千恵のBlue Terrace』公開中!
https://www.youtube.com/channel/UC3U7ukQOVvoBAgVVuGLqAIQ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)