美容・健康 医療・医薬・福祉

【コロナと戦う医療従事者向け緊急企画】免疫力を引き上げる「zen place ピラティス」「zen placeヨガ」のオンラインレッスンを医療従事者に無料開放致します。2020年6月末まで視聴&受付!

株式会社ぜん
全国に100店舗以上ヨガ・ピラティスの専門スタジオ「zen place」を運営する株式会社ぜん(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:尾崎成彦)は、新型コロナウイルス感染症の治療に当たる医師や看護師など、リスクと隣り合わせで未知のウイルスに立ち向かって地域医療を支える医療従事者を支えたく、身体も心もリフレッシュできるzen placeのピラティス・ヨガレッスンをLIVE配信や動画で受けられる「会員限定オンラインサイト」を2020年6月末日まで無料開放致します。



<本企画への思い>

 緊急事態宣言から1ヶ月が経ちました。コロナ感染拡大による外出自粛がはじまり、私たちのグループ事業の一つである、ピラティスやヨガスタジオでは、スタジオに通えないお客様に向け「1日9本のLIVE配信」を行い、自宅での健康維持の代案を提供してきました。
 一方で、同じzen placeグループの「訪問看護事業」の現場では、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方と、この1ヶ月間、訪問という形で日々対峙し続けてきました。世界中がマスク不足になっていたこの時期、私たちの訪問看護事業も、医療用マスクの不足はもちろん、看護する際に着用するガウンなど、我々スタッフと高齢の利用者の安全を守る「防護具」などの必要な物資が不足しており、手作りで代用品を作るなど、まさに命がけで取り組んできた現状があります。
 感染リスクと隣り合わせで、今この瞬間も、訪問看護スタッフは、利用者の安全を考えながら訪問看護を行っていますが、そんな緊張の毎日の中で「ひと時でも緊張・ストレスから解放され、身体と心を健康に保ってほしい」と、ピラティス・ヨガチームが立ち上がり、訪問看護スタッフ向けのオンライン・レッスンを開始し、脳神経系に働きかけて免疫力その取り組みは今でも継続しています。こういったグループ内での連携で感じたことは、命がけの思いで日々奮闘する医療従事者も、さぞかし心身を保つのに苦労されているだろうということ。そんな方々に対して、私たちができることとして、ピラティスやヨガのオンラインレッスンを無料提供させていただきたい、しそんな思いで、この企画を作りました。

医療従事者の方は、2020年6月末まで無料でレッスンを受けていただけるアカウントを付与いたします。下記申請フォームより、是非お問い合わせください。

【医療従事者の方向け 無料アカウント申請フォーム】
https://forms.gle/3FBYErXaowhURBm69

【医療従事者向け・オンライン無料開放プロジェクト 専用ページ】
https://corporate.zenplace.co.jp/csr/project.html

【zen placeオンライン紹介ページ】
https://www.zenplace.co.jp/lp/online/



<zen place 訪問看護の現場と、グループ間でとった連携>


マスクが足りない。ガウンが足りない。

ワンケア、ワンマスクが基本の医療現場では、防護具を使いまわすことはできません。防護具が足りなくなると、70リットルのゴミ袋で工作した手作りガウンを被り、ペットボトルと輪ゴムで作ったフェイスシールドを着けて、感染の疑いがある方への訪問をします。
zen place訪問看護では、新型コロナウィルス流行後、いち早くステーションを利用せずにリモートワークができるようシステムを切り替えました。スタッフ同士の接触を避け、クラスターを起こさず継続した支援をするためです。休業する介護事業所やクリニックが増えていく中、zen placeは地域医療の為に、正確な情報を基に適切な対策を取り、積極的に利用者を受け入れる方針を立てました。
 訪問先の方々の多くは、高齢者や疾病を持つ、重症化しやすいと言われる方々。看護師は、同僚と顔を合わせることなく、自分がコロナウィルス感染者、媒介者になってしまう緊張感と日々戦いながら、一人自転車で訪問に行きます。コンビニのイートインスペースや公園にはテープが設置され利用できなくなっているため、食事や休憩は路肩で立ったまま取ることも。ギリギリの状態で働くスタッフから、医療介護事業運営本部のAkiko.Hさんへかかってくる電話が一日50件を超える日もありました。 
いま、医療ガイドラインに従った形でステーションが再開できるよう、各職員用のブースを段ボールやゴミ袋を使って手作する、手洗いや消毒を徹底、ステーション利用をシフト制にするなどの対策を講じています。スタッフ同士が安全にコミュニケーションを取り、一致団結してこの状況を乗り切ろうとしています。

緊急事態宣言から1ヶ月、日々緊張状況で働いている訪問看護スタッフを元気づけるため、同じzen placeグループの、ピラティス・ヨガのインストラクターが立ち上がり、スタッフ向けのオンラインレッスンを開始。週に1度、WEB会議ツールを使い、訪看スタッフの心身の状態を整える時間を作りました。

 利用者さんを真剣に考えるが故に、自分と向き合う時間が取れずにいたというスタッフからは「本当にスッキリしたし、Makiさん(インストラクター)の温かいメッセージに励まされ、孤独の時間から解放された」という声も。長期化の不安もある新型コロナウイルスとの戦に対して、訪問看護の利用者、ピラティスやヨガスタジオの会員という私たちのお客さまに対して私たちが出来ることをし続けるため、自分たちの身体も心も良く保っていき、zen placeグループ全体で支え合って、私たちは、新型コロナウィルスを乗り切っていきます。

<ピラティス、ヨガが免疫力を引き上げる理由>

1.ピラティス、ヨガと免疫力

免疫力とは、害のあるものが体内に侵入したときに攻撃するというだけのシンプルな機能ではなく、身体全体の複合的な機能です。これは身体の中にある様々な機能、自律神経系やホルモン系などの機能と連携しながら機能していくものです。ストレスはこの機能の連携を壊すものであり、免疫力の低下を引き起こします。感情のコントロールができないことによるストレスの増大は大きく免疫力を低下させます。zen placeのピラティス、ヨガは、これらの身体全体の機能のバランスをつかさどる様々な脳機能を最適化していくものと考えます。自律神経系に直接に働きかけること、ホルモン系の機能にも働きかけていくこと、血流を増やし循環をあげて代謝を変えていきます。感情のコントロールからストレスのコントロールまでも行います。

2.ピラティスの始まりと「スペイン風邪」

世界的なパンデミックの第一号であるスペイン風邪は、今から102年前の1918年に大流行しました。 ピラティスの創始者であるジョセフ・ピラティスは、スペイン風邪が大流行する第1次世界大戦中、戦争負傷者のいる病院に従事していました。当時、病院の衛生環境は劣悪で、戦争負傷者の多くがスペイン風邪にかかり命を落としましたが、そんな中でジョセフ・ピラティスが考案したリハビリやピラティスメソッドを行なった患者は、一人として死ななかったと言われています。このように、ピラティスメソッドには免疫システムを正しく機能させる効果があると言われており、単なる筋肉強化、ダイエットやスタイルアップの方法ではないと私たちは考えます。zen placeのピラティスは、脳神経系に作用し、自律神経システムやホルモン系のシステムや様々な身体全体の生理的な機能をバランス化、機能化させていく方法論です。ピラティスやヨガを正しく行うことで、その効果が発揮され、機能が保たれると考えられます。

~ピラティスやヨガが、身体や心に与える効果についての研究論文~
https://corporate.zenplace.co.jp/library/

***
商号   :株式会社 ぜん(カブシキガイシャ ゼン)
代表者  :尾崎 成彦(オザキ ナルヒコ)
所在地  :東京都渋谷区広尾3丁目12−36ワイマッツ広尾4階
業種   :ヘルスケア
従業員数 :約700名
会社HP  :https://www.zenplace.co.jp/
採用情報 :https://www.wholebodyeducator.com/
訪問看護 :https://nurse.zenplace.co.jp/
クリニック:https://clinic.zenplace.co.jp/
***
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)