医療・医薬・福祉

「COVID-19に関するがん患者と家族のためのQ&A」特設ページを開設しました!

認定NPO法人 キャンサーネットジャパン


 新型コロナウィルス感染拡大の収束が見えない今、がん患者は、「このウィルスに対しどのような対策をとるか」、「治療や通院はどうしたらいいのか」、「もし罹患したら重症化・重篤化するのではないか」等、多岐にわたり不安をかかえています。
 この度、認定NPO法人キャンサーネットジャパン(以下CNJ)は、がん患者と家族の不安を少しでも軽減できればとの思いで、がん患者の疑問に応える特設ページ「COVID-19に関するがん患者と家族のためのQ&A」( https://www.cancernet.jp/covid-19-qa )を開設しました。

 がんの種類や治療の状態、環境の違いにより患者や家族の不安の内容は異なります。それらの疑問に、CNJの理事や外部評価委員を始めとする医療者らが回答し、随時サイトに掲載していきます。
 これらの情報が多くの患者、家族の一助になることを願っています。


<認定NPO法人キャンサーネットジャパン> 
1991年に、2人の医師により、米国における乳がん患者向け冊子を翻訳・出版・無償配布したことに始まり、以来、FAX、Eメールによるセカンドオピニオンサービス、NCIPDQの翻訳Web公開(現在は終了)等で標準治療の普及に貢献してきた。2001年にNPO法人化、同年ホームページが日経インターネットアワードを受賞。2007年1月からは組織を一新し、専用事務局を開設。がん医療の啓発イベントの開催、教育事業等を通して、一貫して「科学的根拠に基づくがん医療の普及啓発」に取り組む。これらの活動を通して、がんと向き合う人々が、自分らしくがんと向き合える社会を実現することを目指している。がんの最新情報発信のため2014年から毎年夏に開催しているCancer Forumは、2日間で3,000名以上の参加者が集い、がん患者・家族らのための最大級のイベントとなっている。2016年8月、認定NPO法人となる。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会