企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

株式会社アイロムグループとの戦略的パートナーシップ契約締結のお知らせ

アガサ株式会社
アガサ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 鎌倉 千恵美、以下「当社」)は、株式会社アイロムグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 森 豊隆、以下「アイロムグループ」)のSMO事業を推進する4社に治験・臨床研究クラウド型文書管理システム「Agatha」を提供するとともに、当社とアイロムグループとの間において、治験データの信頼性および情報管理の効率性を高め、日本における医薬品開発の新しい環境を構築することを目的とする戦略的パートナーシップ契約を締結しましたことをお知らせいたします。


【戦略的パートナーシップ契約の概要】
 アイロムグループが展開するSMO事業では、全国の医療機関ネットワークと独自のプロジェクト管理体制およびCRC(治験コーディネーター)育成プログラム等により、あらゆる疾患領域の医薬品開発に対応可能な治験支援体制を構築するとともに、治験において重要な原資料・原データなどの治験データの信頼性を担保しながら、治験情報を安全かつ効率的に統合管理するプラットフォーム「aSBo Cloud System」を提供しています。
 当社は、国内外の法規制や各ガイドラインに対応したヘルスケア・ライフサイエンス分野向けに特化した、ファイル共有、文書管理、品質管理を行うためのクラウドサービス「Agatha」により、治験関連文書の管理および文書に関わるすべてのプロセス管理(作成、共有、レビュー、承認、保管)を一貫して行うことを可能にし、治験におけるペーパーレス化や業務の効率化・標準化を推進しています。

 当社およびアイロムグループは、本戦略的パートナーシップ契約に基づき、互いに保有するサービスの導入を共同で進めてまいります。
 また、日本における医薬品開発の環境は、欧米などの諸外国と比較して、申請・承認までの期間の長さや、かかるコストの高さなどの課題があり、さらに、治験を実施する医療機関においては、通常の診療を行いながら複雑化する治験の対応を行わなければならず、医療現場における負担が増している状況にあります。これらの課題に対して、両社のクラウドサービスの連携およびこれまでの治験支援で培った知見やノウハウ、医療機関のネットワークを活用することで、治験における透明性・効率性のさらなる向上や医療機関の負担軽減など、日本における医薬品開発のより良い環境の構築にも共同で取り組んでまいります。


【アガサ株式会社について】
治験・臨床研究の文書をプロジェクト単位で共有し、管理・保存するためのクラウドサービス「Agatha」を、医療機関、製薬企業、医療機器企業、CRO(医薬品開発受託機関)、SMO(治験施設支援機関)、臨床検査会社などに提供することにより、治験・臨床研究の効率化・省力化に貢献することをミッションに掲げてスタートした会社です。
将来の日本の子どもたちが、日本の生活、文化、技術、医療が世界一と信じられる、誇りと感じられる世の中を作ること、そして日本中の研究機関から、新しい治療法や薬が創出される仕組み・基盤を作り、日本の技術や産業によって、世界中の人々の健やかな人生に貢献することをビジョンとしています。

【株式会社アイロムグループについて】
人々の未来が希望と安心そして健康で満ちあふれたものとなるように、先端医療技術を応用した新たな製品やサービスの展開、グローバル化により多様化する開発手法に対応した臨床試験を実施する医療機関の支援、国内外の拠点における早期臨床試験の実施および製薬企業やアカデミア等に対する医薬品開発支援、クリニックモールの開設支援・運営などの事業を行っています。
ブランドプロミス「憂いなき未来のために。」のもと、グループ各社・各事業間のシナジーにより生み出される総合力を強みに事業のサステナビリティの向上を図り、医療の発展へのさらなる貢献と、それを通じた人々の健康と生活の質の向上に取り組んでいます。


【アガサ株式会社】(URL:https://www.agathalife.com/



【株式会社アイロムグループ】


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)