出版・アート・カルチャー 美容・健康

気になる慢性不調。頼りになるのは薬ではなく「足裏」! 「足健整体」で悩みを解決!!『不調を解消したいなら、まず足を整えなさい』発売!

株式会社 学研ホールディングス
不調の原因は「足裏」にあり! フットケアの第一人者が人間の足と健康の関係をひもとき、「足裏」の整体で体の調子を劇的に改善するセルフケアを伝授。

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 Gakken(東京・品川/代表取締役社長:五郎丸徹)は、2022年11月10日(木)に『不調を解消したいなら、まず足を整えなさい』を発売いたしました。





◼️関節も自律神経系も、不調がある人は「足裏」をチェック!

頭痛や肩こり、腰や膝に痛みを感じたら、整形外科で鎮痛剤?
気分が落ち込んだり、やる気が出ないときは心療内科で抗うつ剤?
とかく薬に頼りがちな現代人ですが、それでは根本的な解決にならないと、警鐘を鳴らすのがフットケアの第一人者として知られる笠原整骨院・笠原巖院長。
笠原院長いわく「不調の原因の多くは足裏の異常にある」からです。
人は足裏でしっかり地面を踏みしめることで体勢を維持していますが、足裏に異常があると重心がぐらつき、バランスをとろうとして体が歪んでいきます。この歪みが、関節や骨、筋肉の偏った負担となり、痛みや不調を生むのです。
本書は、現代人の悩める「不調」の原因を足裏との関係において徹底解明し、足裏を正して体のバランスを整えるセルフケアの極意を紹介していきます。

足は人間の体を支える土台。その一番下で踏ん張る「足裏」に異常があると、体全体のバランスがゆらいでいくことに!



■「足裏」の異常とは、どんな状態のこと?
3つの足裏異常に対応する3つの「足健体操」とテーピング!

笠原院長があげる「足裏」の異常は次の3症状。
●足指が上に反って地面につかない「浮き指」。
●足の親指が小指側に曲がってしまう「外反母趾」。
●土踏まずが潰れて、足の裏が平らになった「扁平足」。
延べ20万人もの足を診て治療してきた著者によると、不調のある人の8~9割はこの「異常」があるといいます。これらを正して足裏を整えるのが笠原式「足健整体」。
基本は「足指」「足の甲」「足裏」のそれぞれにフォーカスした3つの運動だけ。
これに「足裏バランステーピング」をプラスすることで、整体効果を上げていきます。
テーピングは最初は面倒に感じるかもしれませんが、貼り終えたあとの快感をぜひ一度、味わってみてください! 体のぐらつきがなくなり、地面を踏みしめて立つ感覚を瞬時に実感できるはずです。





↑中高年にとって「あるある」な足の異常。いわば現代日本の“3大悪い足”とも言える「浮き指」「外反母趾」「扁平足」
「足健整体」の運動のひとつで、足指にフォーカスした「足指グーパーリハビリ体操」。どこでもひとりで簡単にできて、効果抜群のフットケア!

■40歳をすぎたら「足ヘバーデン」にも要注意!
笠原院長が足裏の異常に関連して、もうひとつ注意を促しているのが「足ヘバーデン」。
40歳を過ぎたころから関節に変形が見られる「ヘバーデン結節」は、手指に出る症状と思われがちですが、実は足に出ることも少なくありません。外反母趾と見分けがつきにくいこともあり、見逃してしまうケースも多いのです。
「ヘバーデン結節」そのものはテーピングによって進行を抑え、症状を軽減することができます。「足ヘバーデン」にも「足裏バランステーピング」の効果が期待できるのです。
「足健整体」とテーピングを覚えたら、日々の生活もチェック!
「足健整体」に通じる暮らしのコツ、整体の効果をあげる生活術(正しい姿勢や歩き方、靴の選び方など)も多数紹介していますので、ぜひ参考に。


笠原院長が名づけた「足ヘバーデン」。変形が外反母趾と似ているため、これまで見過ごされがちでした。


「足裏バランステーピング」の効果とやり方をわかりやすく、解説。


著者:笠原巖
外反母趾や浮き指、へバーデン結節研究家。足の不具合とカラダ全体の不調の関係を、約50年間、約20万人の診察で発見。「足から未病改善」を提唱。著書累計215万部。

「不調を直したいなら、まず足を整えなさい」
著:笠原巖
定価:1,485円(本体1,350円+税10%)
発売日:2022年11月10日
判型:A5判/128P
電子版:あり
ISBN:978-4-05- 801853-8
発行所:(株)Gakken
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/book/2380185300

【本書のご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4058018534
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17130801/ 
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)