スポーツ・アウトドア 美容・健康

実走感 / デザイン性 / 機能性のすべてが家庭用レベル超え!「STEADY スピンバイク」 にトレーニング上級者も納得のProモデルが登場

ステディジャパン株式会社
【上級者も納得の実走感】 / 【機能性と美しさを両立したデザイン性】 / 【最大120分の長時間稼働】の3拍子が揃ったこだわりの「STEADY スピンバイク Pro」を2022年11月25日(金)より販売開始。普通のスピンバイクでは物足りないと感じるスポーツや筋トレの上級者でも満足のトレーニングを自宅で行えます。



2018年のブランド展開開始から、SNSやカスタマーサポートで既存製品に対するお客様の声を拾い上げ、日本人の体格や考え方、住環境、ライフスタイルに配慮したホームフィットネス、ストレッチ製品を提案し、日本を中心にトップクラスのEC販売実績を誇るステディジャパン株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役CEO:森由樹)は、実走感/デザイン性/機能性において家庭用レベル超えの満足感を目指した「STEADY スピンバイク Pro」を2022年11月25日(金)よりSTEADY公式サイト、総合オンラインストアAmazon.co.jp、楽天市場などにて販売開始します。本製品は「STEADY スピンバイク」(ST128)の静音性&シームレスな負荷調節の魅力はそのままに、お客様の声をもとに大幅アップグレードを図ったProモデルとなります。

最大の魅力は、実走感。ペダリングの負荷を決めるフライホイールは13kgを採用し、負荷を最大に設定するとスポーツや筋トレの上級者も納得の、実走感に近いトレーニングを行えます。加えて負荷レベルを無段階に調整できるため、中上級者は目的やお好みの運動強度に合わせて軽い有酸素運動からHIIT(高強度インターバルトレーニング)、筋力トレーニングなどの激しいトレーニングまでをこの一台で完結することが可能です。一方、気軽に健康維持やダイエットを始めたい方やスピンバイクを初めて利用する方は10kg未満の低負荷からマイペースにレベルアップに臨むことができます。

漕ぎ心地だけではなくデザイン性にもこだわり、ディスクのカバーをあえて無くした独自のダイナミックホイール・デザインにすることで洗練された美フォルムと視覚的なライディングの疾走感を両立しました。都会的で落ち着いたマットブラックのカラーリングは上質感と重厚感を演出するため、出したままでもインテリアと調和し、部屋の雰囲気を格上げします。またトレーニングを長く快適に続けていただくための工夫としてブレーキパッドに独自の非接触式(磁気式)のairホイール(R)を採用し、稼働時の摩擦を排除することで図書館レベルの静かな稼働音と最大120分の連続ライディングを実現しました。摩擦熱による部品の劣化が起こりにくいため、特別なメンテナンス不要で長期間お使いいただけます。

一度購入すると長期間使用するスピンバイクだからこそ、初級~上級レベルまでの幅広いトレーニングに一台で対応できる万能性を重視して設計を進め、最適解を形にしました。【SLOW BUT STEADY(ゆっくりでも着実に)】――気温が下がり、屋外でのワークアウトがしずらくなるこれからの季節の心強い味方です。


STEADY スピンバイク Pro(製品概要)




■製品の特徴
‐ 13kgホイールで満足の実走感: ペダリングの負荷を決めるフライホイールは13kgを採用。家庭用のスピンバイクながら、負荷を最大に設定すればスポーツや筋トレの上級者も納得の、実走感に近いトレーニングが行えます。健康維持やダイエット目的でスピンバイクを初めて利用する方は、この一台で低負荷から徐々にレベルアップを図ることができます。

‐ 部屋の雰囲気を格上げする機能美デザイン: ディスクのカバーをあえて無くした独自のダイナミックホイール・デザインにより、洗練された美フォルムを実現しただけでなく、ライディングの疾走感を視覚的にもお楽しみいただけます。また落ち着いたマットブラックのカラーリングは上質感と重厚感を演出。インテリアとして溶け込みながらも部屋の雰囲気をグレードアップするスタイリッシュなデザインに仕上げました。

‐ 静音&120分漕げる非接触式のairホイール(R): ブレーキパッドに独自の非接触式(磁気式)のairホイール(R)を採用し、稼働時の摩擦を排除。図書館レベルの静かな稼働音で最大120分の連続ライディングが可能です。また摩擦熱による部品の劣化が起こりにくいため、特別なメンテナンス不要で長期間お使いいただけます。

‐ シームレスな負荷調節で幅広いトレーニングが可能: 負荷調整はレバーをひねるだけ。決められた段階毎ではなく、目的やお好みの運動強度に合わせて自由自在に負荷レベルを調整できるため、軽い有酸素運動からHIIT(高強度インターバルトレーニング)、筋力トレーニングなどの激しいトレーニングまでを幅広く行うことができます。

- 激しいトレーニングでも安心の安定性: バイク本体を支える土台部分に約5cmの厚みを持たせることで、全力で立ち漕ぎをしても揺れや転倒の心配がない抜群の安定感を実現しました。さらに、バイクを設置する床の凹凸に合わせてフレームの高さをミリ単位で調整できる水平アジャスターを土台に搭載し、安定感を強化しました。

■ 製品の仕様
・サイズ
長さ:約100cm × 幅:62cm × 高さ:118cm(最大時)

・重量
約41kg

・耐荷重
約125kg

・パッケージ内容
STEADY スピンバイク Pro(本体)、取扱説明書

■ 販売サイト
【STEADY公式サイト】 https://steadyjapan.com/products/st142
【Amazon.co.jp】 https://www.amazon.co.jp/dp/B0BMV4DHCT
【楽天市場】 https://item.rakuten.co.jp/tkms/st142/
【Yahoo!ショッピング】 https://store.shopping.yahoo.co.jp/madurez/st142.html

■ 価格
49,800円(税込)


ステディジャパン株式会社 / フィットネスブランド「STEADY」について

「心身健康かつ自分らしく生きられる社会の実現」をビジョンに、ホームフィットネス・ストレッチ製品ブランド「STEADY」の展開および情報メディア「STEADY Magazine」の運営を行っています。製品開発で大切にしているのは、日本人ならではのホスピタリティを活かした製品づくり。お客様インタビューやレビューの分析に、客室乗務員出身メンバーのサービス提供経験をベースとした対話重視の「GoTalk型のカスタマーサポート」を組み合わせ、既存製品の改善を迅速に重ねながら日本人の体格や考え方、住環境、ライフスタイルに配慮したソリューションの提案を続けています。STEADYは、Amazonや楽天などのECモールにて各種ランキング1位を獲得すると共に、2018年のブランド展開から4期で累計販売個数40万個を突破、約2,000%の事業成長を実現しています。

【ステディジャパン株式会社について】
本社: 〒164-0001 東京都中野区中野5-24-18 クロススクエア6階
代表者: 森 由樹
設立: 2014年
資本金: 1,400万円
公式サイト: https://www.steadyjapan.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)