医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

FRONTEOの自動分類・審査AIシステム「Mekiki」、中外製薬で導入

株式会社FRONTEO
医薬品安全性情報の確認作業を支援

株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏、以下 FRONTEO)は、FRONTEOの自然言語処理AIエンジン「Concept Encoder(商標:conceptencoder、読み:コンセプトエンコーダー)」を活用した自動分類・審査AIシステム「Mekiki」が、中外製薬株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 CEO:奥田 修、以下中外製薬)において導入されたことをお知らせします。


Mekikiは、AIを用いて製薬企業・医療機関・研究機関等で取り扱われる疾患情報や特許情報、薬剤の安全性情報・競合品情報、営業・広報関連文書など専門性の高い情報を、目的に応じて検出・分類し、文書管理・審査業務の効率化と負担・コスト低減に貢献するシステムです。対象とするデータは文書ファイル・電子メール・スライドファイルなど、どのような形式でも処理が可能で、専門用語や業界特有の分類・管理基準にも対応していることが特徴です。

この度の導入では、中外製薬のメディカルアフェアーズ本部における、医薬品の安全性情報を人の目で確認する業務に関し、自然言語処理AI技術を活用することによって、必要な情報の検知のより確実な実施の支援を図ります。

FRONTEOは、今後も高性能のAIシステムの提供を通じて医療・製薬業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進と業務の質向上・効率化に貢献してまいります。

本件単独による当期業績への影響については軽微ですが、開示すべき事項が生じた場合には速やかにお知らせいたします。

■FRONTEOについて URL: https://www.fronteo.com/
FRONTEOは、自然言語処理に特化した自社開発AIエンジン「KIBIT(読み:キビット)」と「Concept Encoder(商標:conceptencoder、読み:コンセプトエンコーダー)」、「Looca Cross(読み:ルーカクロス)」を用いて膨大な量のテキストデータの中から意味のある重要な情報を抽出し、企業のビジネスを支援する、データ解析企業です。2003年8月の創業以来、企業の国際訴訟を支援する「eディスカバリ(電子証拠開示)」や「デジタルフォレンジック調査」などのリーガルテック事業をメインに、日本、米国、韓国、台湾とグローバルに事業を展開してきました。同事業で培ったAI技術をもとに、2014年よりライフサイエンス分野、ビジネスインテリジェンス分野、経済安全保障へと事業のフィールドを拡大し、AIを用いて「テキストデータを知見に変える」ことで、創薬支援、認知症診断支援、金融・人事・営業支援など、様々な企業の課題解決に貢献しています。2007年6月26日東証マザーズ(現:東証グロース)上場。2021年1月第一種医療機器製造販売業許可を取得(許可番号:13B1X10350)、同9月管理医療機器販売業を届出(届出番号:3港み生機器第120号)。資本金3,034,846千円(2022年3月31日現在)。

※FRONTEO、conceptencoder、KIBIT、Looca CrossはFRONTEOの日本における登録商標です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)