医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

Mediiの『E-コンサル(R)』とレイヤードのWEB問診『Symview』が業務連携

Medii
専門医とかかりつけ医のシームレスな関係構築からかかりつけ医機能およびプライマリ・ケアの強化を目指す

株式会社Medii(東京都渋谷区、代表取締役医師:山田裕揮、以下Medii)と株式会社レイヤード(旧メディアコンテンツファクトリー、本社:福岡市博多区、代表取締役:毛塚牧人 以下レイヤード)は業務提携を行い、WEB問診『Symview』と医師専用オンライン専門医相談サービス『E-コンサル(R)』を連携することをお知らせいたします。





本業務提携の背景

コロナ禍を経て、行政により発熱時の症状はまずかかりつけ医を受診するよう推奨されたことで、生活者がかかりつけ医をもつことの重要性が再認識されました。さらに、「経済財政運営と改革の基本方針2022」でかかりつけ医機能を発揮するための制度整備が明記されたことで、政府の動きも活発になっています。

かかりつけ医は地域医療のゲート・キーパーとして、生活者にとって医療・健康の相談窓口となり、幅広い症状に対応することが求められます。ただし、医師であっても、すべての領域・診療科において専門家というわけではないため、困難な症例に出くわした場合には専門医の知見・サポートを必要とします。

かかりつけ医機能を強化していくためには、かかりつけ医と専門医がシームレスにつながれる仕組みづくりが必要だといえます。

しかし、厚生労働省が示した医師偏在指標※1では、最上位の都市部と最下位の地域の格差は約11倍にのぼり、日本における医師偏在が深刻な問題となっています。かかりつけ医が相談できる専門医が地域にいないことで、生活者が受けられる医療に格差が生じてしまうリスクがあります。

そこで、かかりつけ医が症状や既往歴などの患者情報を深堀りして収集するWEB問診『Symview』と、医師専用オンライン専門医相談サービス『E-コンサル(R)』が連携することで、かかりつけ医がいつでも専門医に相談できる仕組みを構築し、地域によらない「かかりつけ医機能の強化」を加速させることを目指します。

※1出所: 厚生労働省「医療従事者の需給に関する検討会」2019年3月


WEB問診『Symview』と医師専用オンライン専門医相談サービス『E-コンサル(R)』の連携



かかりつけ医がWEB問診『Symview』で収集した情報の中で専門医のアドバイス・見解を求めたい症例に出会った場合、『Symview』から『E-コンサル(R)』に連携し、専門医に相談できるようになります。

今後、かかりつけ医が専門医に相談しやすくなるよう、問診内容に応じて専門医への相談をサジェストするなど機能面の強化も行っていく予定です。

個人が特定されるような情報が伏せられることはもちろん、医療情報をよりセキュアにやり取りできることで、かかりつけ医と専門医のコミュニケーションを促進し、より良い医療体験づくりに貢献してまいります。


各サービスについて

■E-コンサル(R)とは
『E-コンサル(R)』は医師が院外や遠方の専門医に1対1のコンサルを受けられる完全無料のオンラインサービスです。診断が難しい症例や自身の専門外の症例を『E-コンサル(R)』上のチャット機能を通じて匿名で相談が可能です。
回答には全専門領域にわたり、各領域の医師にご推薦いただいた800名以上の専門医が協力しており、相談医からの内容に応じて、最適な専門医へシステム通知され、その内の1名とマッチングされます。地域偏在の課題が大きく知見が行き渡っていない免疫難病や希少疾患を中心に全ての専門領域を扱っています。
詳細:https://medii.jp/service/

■WEB問診『Symview』とは
シムビューは、来院前に患者情報を収集し分析できる、クラウド型WEB問診システム。来院前に詳細な患者情報を把握することは、業務効率化や感染対策につながり、安心・安全な医療提供体制をサポートします。シムビューは、患者の症状や年齢、性別ごとに質問を出し分けられるため、熟練した医療者のような問診を実現し、より深く患者を理解することを可能にします。
全国1,000施設以上の医科診療所、地方自治体、医師会に採用され、2022年6月~8月の3ヶ月間の問診入力数は累計およそ183万件にのぼります。(2022年6月1日~8月31日の3ヶ月間)2020年度にはWEB問診で初となるグッドデザイン賞を受賞。2022年には主訴に紐づく質問の出現条件の技術で特許を取得。(特許第7072817号)
詳細:https://layered.inc/symview


会社概要

■ 株式会社Medii
Mediiは「専門医偏在問題の解決を目指す」ことをMissionとして、医師専用オンライン専門医相談サービスを運営するスタートアップ企業です。代表の山田は現役のリウマチ膠原病専門医であると同時に自身も免疫難病患者でもあり、医師と患者の双方向の視点で医療構造を仕組みから変えるためにMediiを創業しました。医師が少ないどんな地域に住んでいてもより良い医療を全ての人が受けられる世界を実現するため、多くの専門医の先生のご協力ご支援の元、特に課題の大きな希少難病を中心とした専門医知見をオンラインで拡げる事業を展開しています。

会社名:株式会社Medii
所在地:東京都渋谷区2丁目6-6 Good morning building by ANRI 201
設立:2020年02月20日
資本金:100,000,000円
代表者:代表取締役医師 山田 裕揮
事業内容:医師専用オンライン専門医相談サービス『E-コンサル(R)︎』の提供
URL:https://medii.jp


■ 株式会社レイヤード
株式会社レイヤードは人に寄り添うテクノロジーで医療インターフェイスを研究・実装し、共創する医療をつくる会社です。医療をもっと、わかりやすくするため、医療者と生活者の間でこれからの「かかりつけ医」のためのSaaSプロダクト、Kakarite/Symview/Iver/Sairai/Medicastar/Wehubを展開します。

会社名:株式会社レイヤード
設立:1998年7月
代表者:毛塚牧人
事業内容:クラウドサービス事業・プロフェッショナルサービス事業・メディア事業
所在地:
本社 福岡市博多区博多駅中央街8-27 第16岡部ビル5F
東京 東京都港区芝公園2-2-22 芝公園ビル7F
大阪 大阪市淀川区西中島4-11-21 新大阪コパービル6F 603
名古屋 名古屋市中村区名駅3丁目28-12 大名古屋ビルヂング11階
URL: https://layered.inc
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)