インテリア・雑貨 美容・健康

『FITBOX』のインドアトレーニングがさらに進化、ブランド初のケイデンスセンサー「FITBOX GATE」がローンチ

株式会社AINEXT
自宅にいながらバーチャルワールドで本格的なロードレースが可能に


株式会社AINEXT(東京・渋谷区、代表取締役・田中健也)が展開するフィットネスブランド『FITBOX』(フィットボックス)から、ケイデンスセンサー「FITBOX GATE」(フィットボックス ゲート)の販売を11月29日(火)よりAmazon、楽天市場、FITBOX公式オンラインストアにて開始いたします。
Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/B0BLRSDWST
楽天市場:https://item.rakuten.co.jp/smartstyle/cadence-sensor/
公式サイト:https://shop.fitbox.co.jp/lp?u=cadence-sensor



■“走行データ計測”と“バーチャルサイクリング”が可能なケイデンスセンサーを発売
昨今、オンラインフィットネスやおうちジムをはじめ、「フィットネス」においても“自宅”を中心としたライフスタイルが定着しています。フィットネスブランド『FITBOX』シリーズは、Amazonの「フィットネスバイク」カテゴリで24ヶ月連続1位(※1)を獲得しており、累計販売台数は100,000台を超えるなど、多くの方のご自宅で本格的なフィットネスの機会をサポートしています。
第一弾プロダクトであるフィットネスバイク「FITBOX」、第二弾の自宅用ランニングマシン「FITBOX ARCUT Treadmill」(フィットボックス アーカット トレッドミル)に続き、第三弾として、この度、“自身の走行データ計測”と“バーチャルサイクリング”が可能なスピード&ケイデンスセンサー「FITBOX GATE」をローンチします。フィットネスバイクの効果を最大限発揮できる機能を搭載し、日々進化する“インドアトレーニング”をさらにアップデートします。

※1:当社調べ


■『FITBOX』の“インドアトレーニング”がさらに進化
1.ケイデンスと速度の計測が可能に
フィットネスバイクのケイデンスと速度を計測し、リアルタイムでスマートフォンやタブレットにワイヤレスで送信することができます。無理なく持続できる数字を設定することで、自分にとって最適な回転数でペダルを回し続けることができます。


2.バーチャルサイクリングでロードレースが可能に
「FITBOX GATE」では、MMOゲーム形式のサイクリング・ランニングトレーニングプログラム「Zwift」(ズイフト)と、ユーザーが作成したモーション動画を作成、ホスティング、共有、使用が可能なプラットフォーム「Kinomap」(キノマップ)に対応しています。「FITBOX GATE」とフィットネスバイク、スマートフォンもしくはタブレットを用意するだけで、仮想空間の中でトレーニングすることができます。


3.取り付け簡単で、軽量かつ長時間稼働が可能に
本体重量は6.2gと軽量で、90時間の稼働が可能です。取り付けは付属のゴムバンドで、センサーをペダルクランクに取り付けることですぐに使用が可能です。複雑な配線はなく、完全にワイヤレスでケイデンスと速度の計測ができます。



■FITBOX GATE 商品概要
本体重量(本体のみ):6.2g
本体サイズ:37×33.5×9.6mm
連続稼働時間:90時間
無線インターフェイス:Bluetooth4.2
付属品:電池(本体内蔵)、ゴムバンド大・小、取扱説明書


■株式会社AINEXT
所在地 : 東京都渋谷区渋谷 2-21-1 渋谷ヒカリエ 33F
代表者 : 代表取締役 田中健也
設立日 : 2016年4月1日
事業内容 : アパレル、美容健康商品などの企画、開発、インターネット通信販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)