医療・医薬・福祉

CareMaker、事業所の経営指標を自動集計・見える化する「CareInsight(ケアインサイト)」をリリース

株式会社CareMaker
~ 多サービス・多事業所に対応し、データドリブンな経営管理を支援 ~

株式会社CareMaker(東京都渋谷区、代表取締役:山村真稔、以下「CareMaker」)は、訪問看護・訪問介護向けスケジュール管理クラウド「CareMaker(ケアメーカー)」において、事業所の経営指標を自動集計・見える化する「CareInsight(ケアインサイト)」をリリースしました。





リリースの背景

訪問看護を多事業所運営している、または、訪問看護に加えて訪問介護など他訪問サービスも提供している企業様は、スケジュールからスタッフごとの業務明細や各拠点の稼働や収益状況に関するデータを集計することで、経営活動をモニタリングしています。

一方で、複数事業所の運営体制において、「集計データの管理が、あらゆるツールにまたがり、運用ルールや管理が煩雑になり、集計に時間がかかってしまうことで、正しいデータに基づく意思決定・経営判断ができていない」という課題がありました。
さらに、各訪問サービスごとで記録・請求ソフトも異なる場合におきましては、「多サービスにまたがるデータの集計・加工業務にも負担がかかっている」とお客様からお困りの声をいただきました。
そこで、スケジュールから取得できるデータを事業所やサービスを横断して、クラウド上で、早く、楽に、正確に、集計管理できる本機能をリリースするに至りました。


データドリブンな経営管理を支援する「CareInsight」

CareMakerご利用企業様の場合、本機能を活用することで、スケジュールから取得できるデータを、事業所の管理者はもちろん、各拠点を管理しているエリアマネージャー並びに本部(バックオフィス)の方向けにも、クラウド上で一元管理できる体制を構築することで、データに基づく正しい経営管理をご支援いたします。


当社は本機能リリースすることにより、これまで提供してきたスケジュール管理クラウドによる各事業所の業務改善に加えて、多事業所経営を支えるマネージャー並びに本部(バックオフィス)の業務改善に日々お務めでいらっしゃる方の「現場をもっと働きやすくしたい」という想いに共感し、スケジュール起点ではじめる管理業務のDXまで価値提供に努めて参ります。

※問い合わせ先:
オンラインデモンストレーションも承っておりますので、公式サイト( https://caremaker.jp/ )のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

■訪問スケジュール管理クラウド「CareMaker」について
「CareMaker(ケアメーカー)」は、在宅医療・介護に特化したAIによる訪問スケジュール管理クラウドです。訪問ルートや希望条件を考慮してスケジュールを自動で最適化できるAIを搭載。作成業務に必要な時間削減に加えて、スタッフの移動効率化を通じた稼働率向上までサポートします。
サービス詳細:https://caremaker.jp/

■会社概要
社名:株式会社CareMaker
代表:山村真稔
本社所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山コスモスサウス3F
事業内容:訪問スケジュール管理クラウド「CareMaker」の運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)