ビジネス・コンサルティング 教育・資格・人材

MBA生の甲子園、「第13回日本ビジネススクール・ケース・コンペティション」。いよいよ12月4日(日)本選開催!

日本ビジネススクール・ケース・コンペティション実行委員会
今年のケースは医療・ヘルスケア業界の将来像がテーマ。日本社会が直面する課題に対し、MBA生が導き出す答え、とは? 当日はYouTube LiveでMBA王者誕生の瞬間を見届けよう。 

「日本ビジネススクール・ケース・コンペティション(以下、JBCC)」は、全国のMBA生の頂点を決める、いわばMBA生の甲子園。本選は今週末12月4日(日)開催です。13回目を迎える今年は青山学院大学を本選会場として、初のリアル&オンラインのハイブリッド形式にて実施し、その様子をYouTube Liveにて生配信いたします。


大会デジタルポスター


JBCCについて

JBCCは、MBA生が大学院での学びを活用し、社会課題や日本企業が抱える問題をテーマに課題を抽出し、解決に向けた戦略提案を行う、国内MBA最大級のケース・コンペティションです。
13回目を迎える今年は、”「MBA」から生まれる、絆と挑戦。” というスローガンの下に、大会最多タイとなる全国25校のビジネススクールから153チーム711名が参加。12月4日(日)の本選大会では、予選を勝ち抜いた20チームが、自ら策定した経営戦略をプレゼンします。午前のセミファイナルを勝ち上がり、午後のグランドファイナルで優勝に輝いたチームには、優勝賞金30万円と文部科学大臣賞が授与されます。


大会のポイント

1.今年のケースは医療・ヘルスケア業界の将来像がテーマ。
MBAの現役生および修了生の有志が参画する任意団体「日本ビジネススクール・ケース・コンペティション実行委員会」では、毎年、日本の経済や企業が直面する環境や課題等を踏まえて、出場者に対する課題となるオリジナルの「ケース」を作成しています。今年は、「大手SIer事業部長の立場から、医療・ヘルスケア業界の将来像を描き、事業戦略を提案する」をケース課題として設定いたしました。なお、ケースの作成に際しては、株式会社経営共創基盤様に御協力いただいております。
2022年大会キービジュアル

2.大会初の試み!優勝チームを予想する「視聴者賞」
グランドファイナルに出場した5チームのプレゼンと質疑応答から本年度の優勝チームを予想して投票ください。最多得票となったチームには、結果発表で 『視聴者賞』 を贈呈します。さらに、抽選で優勝チーム予想が的中した視聴者5名様には、受賞チームと同様のプレゼントを贈呈します。
視聴者賞



開催概要 ※11月27日現在

<開催日時>
2022年12月4日(日) 
午前:9:00~開会式・9:20~セミファイナル
午後:12:55~グランドファイナル

<会場>
青山学院大学 青山キャンバス 
※新型コロナウイルスの影響を鑑みて、会場での応援・観戦は行えません。オンラインで配信されるYouTube Liveよりご視聴をお願いいたします。

<本選視聴ページ>
https://www.jbccex.com/final-2022/

<主催>
日本ビジネススクール・ケース・コンペティション実行委員会

<後援>
文部科学省、デジタル庁、経済産業省、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、日経ビジネススクール



取材機会


本大会の模様を取り上げていただけるメディア・媒体の方がいらっしゃいましたら、12月2日(金)までに下記までご連絡ください。 





参考資料


<参考1:本選出場校(50音順)>
青山学院大学大学院、京都大学大学院、グロービス経営大学院(東京校・大阪校・名古屋校・福岡校・仙台校・オンライン校)、神戸大学大学院、中央大学専門職大学院、ビジネス・ブレークスルー大学大学院、立教大学大学院
詳細はこちら→https://www.jbccex.com/news-20221103/

<参考2:大会参加校(50音順)> 
青山学院大学大学院、英国国立ウェールズ大学経営大学院、北九州市立大学大学院、九州大学大学院、京都大学大学院、グロービス経営大学院、慶應義塾大学大学院、県立広島大学大学院、神戸大学大学院、事業創造大学院大学、中央大学専門職大学院、東京都立大学大学院、名古屋商科大学大学院、ビジネス・ブレークスルー大学大学院、一橋大学大学院、マサチューセッツ大学、明治大学専門職大学院、立教大学大学院、早稲田大学大学院

参考3:グランドファイナル審査員一覧(順不同・敬称略)
グランドファイナル審査員の皆様

参考4:協賛企業一覧(1127日時点)
【特別協賛】
株式会社経営共創基盤

【協賛】
フューチャー株式会社、株式会社プレアス、株式会社ダイヤモンド社、Rally Growth株式会社、BIP株式会社、株式会社インスプレース、株式会社コーポレイトディレクション、株式会社医学生物学研究所、株式会社イエムラ、インタセクト・コミュニケーションズ株式会社 、株式会社コモディイイダ、株式会社河島本家、株式会社グローバルインフォメーション、株式会社ゼロワンブースター、株式会社ZART、株式会社人事の学び場、つばめ投資顧問合同会社、TESSグループ、株式会社トリプルバリュー、株式会社中島商会、一般財団法人 日本M&Aアドバイザー協会(JMAA)、株式会社White Knight、株式会社ユー・タチ、ビルコム株式会社、株式会社Milkyways、株式会社廣屋羅紗店、楽読 一宮駅前スクール、株式会社リーディングマーク、ヤマキタ森林ベンチャー株式会社、株式会社日本創生投資、株式会社ファーストデコ、医療法人社団クリノヴェイション、ビズアクセル株式会社、有限会社 平川食品工業、 株式会社キューブアンドカンパニー、倉島事業開発株式会社、一般社団法人POIESIS、株式会社ヨカタラ、株式会社ワンオーダー

【特別協力】
青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科

【協力】
株式会社PANDASTUDIO.TV

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)