インテリア・雑貨

イケアがプラントボールのワンプレート冷凍食品「LATTLAGAT /レットラーガット」を新発売

イケア・ジャパン株式会社
イケアのあの味を、家でも電子レンジまたはオーブンで温めるだけで簡単に再現!

「より快適な毎日を、より多くの方々に」をビジョンとするスウェーデン発祥のホームファニッシングカンパニー イケアの日本法人イケア・ジャパン株式会社(本社:千葉県船橋市、代表取締役社長 兼 Chief Sustainability Officer:ペトラ・ファーレ)は、地球にも体にも優しいプラントボールを使用した新しいワンプレート冷凍食品「LATTLAGAT /レットラーガット」を2022年12月1日(木)より全国のイケア店舗にて順次販売開始します。



「LÄTTLAGAT /レットラーガット」は、植物由来の原料でイケアのミートボールを再現したプラントボールに、マッシュポテト、クリームソース、ブロッコリーが入った、一食完結型のワンプレート冷凍食品です。LÄTTLAGATとは、簡単につくれるという意味のスウェーデン語。電子レンジまたはオーブンで温めるだけで、お召し上がりいただけます。料理の手間を省くことで、家事の負担を減らすことができます。

年末の多忙な時期やテレワーク中などの手軽に食事を済ませたい時や、調理の時間をかけずに美味しい食事をとりたい時、栄養バランスに気を付けたい時などさまざまなシーンで、手間なく美味しく、ヘルシーでサステナブルに、スウェーデンの伝統的な一食を楽しむことができます。

イケアの親会社であるIngkaグループでは、すべてのマーケットで植物由来の食品を肉由来の食品と同等もしくはそれ以下の価格での提供を2022年10月より開始しています。イケア・ジャパンでは世界のマーケットに先駆け既に取り組んでいましたが、これは、Ingkaグループが2025年までに掲げる、パッケージ食品の80%を植物由来にすることを目標に対し、大きなステップとなります。また、日本ではほかのマーケットに比べプラントボールへの関心が非常に高く、IKEA仙台のスウェーデンレストランでの販売個数の割合は、プラントボールが半数以上*とミートボールを上回っています。これは世界中のイケア店舗でも最も高い割合です。
*2022年度(2021年9月~2022年8月)の割合

IngkaグループのCEO、ジェスパー・ブローディンは次のように述べています。
「植物由来の食品、そして一般的な食品は、ネット・ゼロへの移行をサポートする重要な材料の一つです。よりサステナブルな選択肢を多くの人に提供することで、肉中心の食事を選ぶ代わりに、プラントボールを試してみるという一歩を踏み出すきっかけになればと願っています。イケアでは、サステナブルな選択肢は一部の人の贅沢品ではなく、多くの人が手に入れられるものであるべきだと考えています」

【商品概要】
■商品名:LÄTTLAGAT /レットラーガット
(6つのプラントボール、マッシュポテト、クリームソース、ブロッコリー)
■販売開始日:2022年12月1日(木)
■発売場所:全国のイケア店舗 ※オンラインストアではご購入いただけません
■価格:599円(税込)/380g
■召し上がり方(詳細はパッケージをご参照ください):
電子レンジ(750W使用の場合)


トレイをパッケージから取り出します。
プラスチックフィルムにいくつかの穴を開け、 6~7分間加熱します。
数分間置いた後、プラスチックフィルムをはがしてお召し上がりください。

オーブン


オーブンを150℃に予熱します。
パッケージからトレイを取り出し、プラスチックフィルムをつけたままオーブンの下部にトレイを置き約45分加熱します。
プラスチックフィルムをはがして出してお召し上がりください。

■URL: https://www.ikea.com/jp/ja/cat/food-beverages-fb001/#8872d4e0-6a23-11ed-923e-df33aa1dfd4f

【プラントボールについて】
プラントボールは、肉の代わりに植物由来の原料を使用。黄エンドウ豆由来タンパク質、オーツ麦、ジャガイモ、タマネギ、リンゴでできていますが、味や食感を妥協せず、お肉好きも満足の一品です。プラントボールのクライメートフットプリント*1はイケアの定番料理のミートボールのたった4%で、2030 年までにクライメートポジティブ*2を達成するためのステップに貢献します。

*1 プラントボールなどのイケアが取扱う商品のクライメートフットプリントは温室効果ガス(GHG)排出量で換算され、原材料の生成や加工、製品の製造と輸送、イケアのストア、お客さまのご来店、お客さまのご自宅での製品の使用、製品の寿命の終わりまで、イケアのバリューチェーンのすべてが含まれます。食品に対する温室効果ガス(GHG)排出量は主に使用する原料によるものです。
*2 イケアは気候変動においてもポジティブな変化を生み出したいと考えています。2030年までにバリューチェーンの温室効果ガス(GHG)の削減量が排出量を上回ることを目指しています。

※写真はイメージです。

イケア・ジャパン 公式HP
https://www.ikea.com/jp/ja/
イケア・ジャパン ニュースルーム
https://www.ikea.com/jp/ja/newsroom/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)