出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

障害者週間にワークショップ&アートエキシビジョンを開催 | 一般社団法人ソーシャルアートラボ

SAL
「障がい・介護をおしゃれに」「フィジカル(現物)&メタバース展示」

一般社団法人ソーシャルアートラボ(本社:神奈川県藤沢市、代表理事:福室貴雅)は、逗子文化プラザ市民交流センターと共催し、2022年度の「障害者週間」期間中(12/3~12/9)に、共生社会実現への取り組みの一環として、ワークショップ&アートエキシビジョンを開催いたします。



■ワークショップ概要
障がい・介護をおしゃれに
~車椅子ユーザーと考えるユニバーサルデザインワーク~

内容:
車椅子やアイマスクを使用し、不自由な状態で着ることを追体験。その後、 着やすくおしゃれなユニバーサルデザインをグループワークで考えます。
日時:2022年12月3日(土)13時~16時
会場:逗子文化プラザ市民交流センター 2階会議室
参加費用:500円
定員:15名(定員になり次第終了)
申し込み方法:逗子文化プラザ市民交流センターまでメールでお申込みください。ac-center@zushi-psc.org
※お申込みの際は、氏名、年齢、電話番号、メールアドレスをご記入ください。障がいのある方は、障がいの種別も併せてお知らせください。

■講師紹介
宮澤久美(福祉衣料デザイナー)
服作り工房Ⅿトワル代表 デザイナー サービス介助士 2019年より逗子市で障がいとファッションをテーマにファッションショーを開催 また車椅子ウェディングドレスブランドを立ち上げ、障がいがある方の結婚式もサポートする。



■アートエキシビジョン概要
Art Exhibition ~fhysical&metaverse~


アート作品の展示
2022年度の障害者週間の期間中、障害のある方が制作したアート作品を展示いたします。
※この展示に関して説明を聞きたい方は、担当者在館の12月3日(土)12月4日(日) 13:00~17:00にお越しください。 ※上記の日程以外に説明を聞きたい方は以下の連絡先までご連絡ください。
[MAIL] info@socialartlab.org(一般社団法人ソーシャルアートラボ)

メタバース(バーチャルギャラリー)
遠方で来場できない方には、バーチャルギャラリーでの鑑賞をお楽しみください。
https://onl.la/eNVMaZX
12/3(土)の9:00に完成

会期
2022年12月3日(土)~9日(金)9:00~21:00 ※12月6日(火)休館日 ※最終日は17:00まで

VRゴーグル メタバース体験会
2022年12月4日(日)13:00~17:00
参加費:無料
※VRゴーグルは1台しかございませんので、お待ちいただく場合がございますのでご了承ください。

会場のご案内


■主催
逗子文化プラザ市民交流センター
■共催
一般社団法人ソーシャルアートラボ
■後援
神奈川県 / 葉山町 / FMヨコハマ / 神奈川新聞社 / tvk

本ワークショップ及びエキシビジョンは、「神奈川文化プログラム」認証事業です。

■一般社団法人ソーシャルアートラボについて

障害者による表現、制作、発信を支援すること、障害者アートを社会的に認知普及させるとともに、その権利を保護する活動等を通じて、障害者が健常者と変わらず生きやすいインクルージョンな社会及び多様性を 認め合い誰でも参画・貢献する機会が平等に与えられるような社会を実現する活動を行っています。

「一般社団法人ソーシャルアートラボ」公式サイト:https://socialartlab.org/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)