医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

往診アプリ「みてねコールドクター」、第15回ペアレンティングアワードを受賞

株式会社コールドクター
~「『夜中の急な高熱』や、『病院を探すのも連れて行くのも大変』な令和の共働き家族の需要とマッチした新しいサービス」として評価~

株式会社コールドクター(東京都渋谷区、代表取締役社長:合田武広、以下コールドクター)が運営する夜間・休日の往診アプリ「みてねコールドクター」(https://calldoctor.jp/)が、第15回ペアレンティングアワードを受賞いたしましたことをお知らせいたします。




■受賞背景

「みてねコールドクター」は2018年より、夜間・休日の往診アプリとして提供開始しています。お子様の急な体調不良時にも最短30分で医師が自宅で診察でき、健康保険も適用可能のため、当初からお子様やそのご家族に多くご利用いただいておりました。
加えて2020年からの新型コロナウイルス禍で往診数が急増した中、「みてねコールドクター」では、往診に加えて24時間対応のオンライン診療を提供するなど、お子様の急な体調不良にさらに安心してお使いいただけるサービスとして刷新を続けてまいりました。

2022年には「家族アルバム みてね」との連携を強化したり、サービス初の保育施設向け提供としておむつの定額制サービス「手ぶら登園」との連携を開始したりなど、多方面からお子様やそのご家族に寄り添った取り組みを行なっています。

こうした取り組みにより、「『夜中の急な高熱』や、『病院を探すのも連れて行くのも大変』な令和の共働き家族の需要とマッチした新しいサービスとして、多くの育児世代に利用されたアプリである」と評価され、受賞に至りました。

「みてねコールドクター」は、今後もお子様の急な体調不良時に、ご家族皆様が安心できるサービスを提供するために、邁進してまいります。

■主催者からの受賞に対するコメント

最短30分で自宅に医師を呼ぶことができる、健康保険が適用可能な夜間・休日の往診アプリ「みてねコールドクター」は、コロナ禍において往診数がさらに増加しており、2020年のアプリ配信開始時より、北海道から九州まで全国の子育て層に更なる認知拡大を遂げた。
また、「夜中の急な高熱」や、「病院を探すのも連れて行くのも大変」な令和の共働き家族の需要とマッチした新しいサービスとして、多くの育児世代に利用されたアプリである。利用者1500万人以上の写真共有アプリ「みてね」ユーザー×往診サービスのシナジー効果を見据えた、大企業とスタートアップ企業の資本提携も話題となった。

■ペアレンティングアワードとは
多くのパパ・ママに支持される子育て雑誌が中心となり、「日本の子育てが元気であるために!」をテーマに、毎年、その年に話題を集めた「子育てにまつわるトレンド(ヒト・モノ・コト)」を表彰するアワードです。その業績を讃えることで、さらなる発展を促し、日本がもっと子育てしやすい国になることを目的としています。

・公式サイト:https://parentingaward.com/

■「みてねコールドクター」について
「みてねコールドクター」は、最短30分で自宅に医師を呼ぶことができる、健康保険が適用可能な夜間・休日の往診アプリ※1です。アプリから簡単に依頼でき、医師がご自宅に伺い診察※2、その場でお薬をお渡しします※3。また、「夜間・休日に限らず相談したい」というご要望にお応えして、24時間365日対応※4のオンライン診療や医療相談も提供しています。医療相談は無料でご利用いただけ、相談後に往診やオンライン診療をご依頼いただくことも可能です。あらかじめアプリをインストールし、ご自身やご家族の情報を登録しておくと、急な体調不良時も慌てず安心。経験豊富な約400名の医師が、あなたとご家族の健康をいつでもサポートします。

<5つの特長>
【特長1】最短30分で経験豊富な医師が自宅へ
【特長2】オンライン診療にも対応(24時間365日)※4
【特長3】医師や看護師による無料の医療相談(24時間365日)※4
【特長4】医療証、健康保険証適応
【特長5】自宅でPCR検査、その場でお薬処方も ※3

<往診エリア>
北海道から九州まで10都道府県に対応。詳細は往診エリア一覧(https://calldoctor.jp/area/)でご確認ください。対応エリアは随時拡大中です。

<往診の流れ>
1. アプリから往診依頼 ※1
【iOS】https://apps.apple.com/jp/app/id1516410571
【Android】https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.calldoctor.app
2. 医師がご自宅へ訪問 ※2
3. ご自宅で診察
4. その場でお薬をお渡し※3
5.クレジットカード/後日郵送する請求書でお支払い ※5
※1 電話やWebからもご依頼いただけます。
※2 医師の判断により、ご自宅へ伺わずに医療機関を紹介する場合もあります。
※3 薬の種類によっては、その場で処方できない場合もあります。
※4 状況によっては、対応までにお時間をいただくことがあります。
※5 請求書払いではコンビニ払い・銀行振込・LINE Payが選択できます。

■株式会社コールドクター
「みてねコールドクター」は、受診できる医療機関が限られている・診察まで長時間待たされてしまう・受診を断られてしまうこともある、といった夜間休日の診療を取り巻く課題を解決する医療サービスを目指しています。2021年12月末より、喉の痛みや倦怠感など軽微な症状があった際に無料でご利用いただける「医療相談」や24時間受診することのできる「オンライン診療」の提供も開始しました。今後も急な体調不良時に患者さんやそのご家族に寄り添うサービスとして、さらなる向上に努めてまいります。
・公式サイト: https://calldoctor.jp/

■会社概要
社名:株式会社コールドクター
本社:東京都渋谷区松濤1丁目28-2
代表者:合田 武広、丸山 浩司(医師)、中原 毅
事業内容:「みてねコールドクター」の管理・運営
電話番号:0120-897-146
URL:https://calldoctor.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)