外食・中食 美容・健康

美容と健康を「赤」いスイーツで摂り入れよう!ホリデーシーズンはFRUITS IN LIFEで「至高」なあまおうを

青木フルーツホールディングス株式会社
~特別な日のご褒美に 「飲む美容液 手搾り100%ざくろジュース」も販売~

青木フルーツホールディングス株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役会長兼社長:青木信博)が運営するフルーツジュースバー&デリ「FRUITS IN LIFE」(所在地:東京ミッドタウン)はホリデーシーズンならではのいちごの王様『あまおう』を使ったフルーツパフェとデトックススムージー3品を2022年12月1日(木)より期間限定で販売いたします。また、ざくろ一粒一粒を丁寧に取り出して手搾りしたジュース『飲む美容液 手搾り100%ざくろジュース』を同じく期間限定で販売いたします。


 ホリデーシーズンを彩る季節のフルーツ「いちご」は、甘酸っぱい味だけでなく、その高い芳香と気持ちのあがるルックス、どれをとっても満点なホリデーフルーツです。「FRUITS IN LIFE」では「いちごの王様」と言われるあまおうを使用した、とっておきのホリデースイーツを3品ご提供いたします。
『至高あまおう』
 新商品となる『至高あまおう』は、あまおうをふんだんに使った甘さとろける贅沢なジュースです。深みのある紅のルックス、あえて残したあまおうのリッチな果肉感を、目でも口でも存分に味わっていただける、氷、砂糖をいっさい使わずに作ったまさに「至高」の一杯です。さらに、いちごはビタミン豊富でローカロリーなフルーツであるため、まさに美と健康を求める人へのホリデースイーツです。

『真っ赤なあまおうパフェ』(左)、『あまおうミルク』(右)
 また、去年に引き続き大人気の『真っ赤なあまおうパフェ』も12月1日より登場いたします。今年のパフェは見た目もカラフルで、オレンジも加えた9層仕立てになっており、カカオニブのビターな味わいがアクセントになっています。とっても可愛い赤い見た目で気持ちもあがり、写真映えもばっちりな商品です。砂糖は不使用でオールプラントベースのため、思う存分これだけ食べても376kcalと、まさにヴィーガンジュースバー&デリ「FRUITS IN LIFE」ならではのギルトフリーパフェとなっています。
 『あまおうミルク』は、永遠のゴールデンコンビ、いちご(あまおう)&ミルクの組み合わせでほっこりとした味わいをお楽しみいただけるジュースです。あまおうに濃厚な無添加アーモンドミルクをブレンドし、フルーツの自然な甘味と酸味をやわらかに包み込む心とろけるマリアージュとなっています。ビタミンCだけでなく、ビタミンEと食物繊維も摂れるデトックススムージーです。




さらにお肌と身体のビューティアップを目指すなら「飲む美容液」
『飲む美容液 手搾り100%ざくろジュース』
 特別な日に、特別な人へ、そして自分へ。一年を締めくくるこのタイミングならではのご褒美ジュースとして、今年も『飲む美容液 手搾り100%ざくろジュース』を販売いたします。
 真っ赤に熟したざくろから一粒一粒を丁寧に取り出し、スタッフが心を込めて手搾りした、100%ざくろの果汁のみの「FRUITS IN LIFE」でしか味わえない濃厚なジュースです。ざくろには抗酸化作用のあるポリフェノールをはじめ、ビタミンやカリウムなどの栄養素が豊富に含まれ、「女性の果実」と呼ばれるフルーツです。内容量もワンショット感覚の180mlで、お持たせや特別な日にピッタリです。




FRUITS IN LIFE(フルーツインライフ)について
「FRUITS IN LIFE」は、創業98年目のフルーツ専門店「フルーツショップ青木」から生まれた『フルーツ食』という新しい食習慣を提案するヴィーガンのフルーツジュースバー&デリです。「フルーツを1日200g摂ろう!」をスローガンに2021年3月、東京ミッドタウンにオープンしました。メニューはすべて植物由来(プラントベース)で、スムージーやスロージュース(コールドプレスジュース)をはじめ、全粒粉使用のフォカッチャの「アボカドトースト」など、デザートだけではなく普段の食事として気軽にフルーツを取り入れていただける様々なメニューを取り揃えています。
※厚生労働省・農林水産省が推進するフルーツの摂取量は1人あたり1日200g

公式ホームページ:https://fruitsinlife.com/
公式Instagram:https://www.instagram.com/fruits_in_life/
FRUIT IN LIFE 店内
FRUIT IN LIFE イメージ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)