医療・医薬・福祉

“ニデック流フルオート” で眼圧を測定 「ノンコンタクトトノ/ パキメータ NT-1p・ノンコンタクトトノメータ NT-1」を発売

株式会社ニデック
フルオート眼圧計


 株式会社ニデック(本社: 愛知県蒲郡市、代表取締役社長: 小澤素生) は12 月1 日(木) に、「ノンコン
タクトトノ/ パキメータ NT-1p・ノンコンタクトトノメータ NT-1 (以下NT-1p/NT-1)」を発売いたします。
 

 眼球内の圧力である「眼圧」を測定することは、日本人の失明原因の上位を占める緑内障(※1)のスクリーニング検査として、眼科では重要な検査項目の1つです。今回発売するNT-1p/NT-1は、あご台にあごを載せるだけで、あご台の調整から、両眼位置の検出、測定、データ出力までの一連の流れが自動でおこなわれる“ニデック流フルオート” で、眼圧を測定する装置です(NT-1p は角膜厚測定機能も搭載)。これにより、検者にも被検者にもやさしい機能で、安心かつ快適な測定を可能にします。
 また多言語音声アナウンス(※2)に対応しているため、ユーザビリティの向上につながり、外国の方の検査をサポートします。


*1 令和4 年2 月10 日 日本眼科学会: 緑内障診療ガイドライン(第5 版)
*2 日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、中国語、韓国語




 
 弊社は、今後も技術力と柔軟な発想を活かした幅広い製品ラインアップを展開し、市場のニーズにお応えしてまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)