美容・健康

全国10都市で開催の「良眠みそ汁 料理教室」で賞賛の声続々 ~ご当地の味噌でさらにおいしく対策を~『ご当地良眠みそ汁マップ』 も紹介

株式会社ミソド
不眠と生活習慣病の”負のスパイラル”にご用心。ミドルシニアの5割以上で不眠・生活習慣病の懸念増、対策には”みそ汁”を!

「みそでHappyを伝える」株式会社ミソド(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:藤本智子)は、秋冬にそれぞれ高まる生活習慣病とその入り口とされる睡眠問題への懸念を解消するため、睡眠の専門医と睡眠栄養士監修のもと、不眠対策に特化した食材を選定し、人気の料理研究家と「良眠みそ汁」レシピを開発しました。この度、「良眠みそ汁」を実際に作って体験する料理教室を全国10都市(仙台、柏、有楽町、横浜、立川、名古屋、梅田、三宮、枚方、福岡)で開催し、総勢197名が参加し、この秋冬に注意したい不眠症のメカニズムや対策としての「良眠みそ汁」レシピを学びました。



ミドルシニアが加齢とともに感じる『不眠』 特に冬場は要注意!
ミソドが50-60代の男女800名に実施した調査で、「現在睡眠に課題や懸念を感じているか」聞いたところ、 「感じている」 「やや感じている」 と回答した人が合わせて54%と全体の半数を超えていることが分かりました。さらに、「加齢とともに睡眠に課題/懸念を実感しているか」という質問には5割以上の人が 「加齢とともに課題として感じている」 「やや感じている」 と回答しています。質の良い睡眠に重要なのは睡眠ホルモンの「メラトニン」ですが、ミドルシニアはメラトニンの分泌量が減る傾向があり、睡眠の質に悪影響をもたらします。元来ミドルシニアは不眠の悩みを抱えやすいとされており、特に50代の女性は女性ホルモンの急激な減少により男性よりも睡眠に不満を感じる人が多いと言われています。さらに日照時間が少なく外出や運動の機会が減る冬場はメラトニンの分泌が減少しやすいため一層の注意が必要です。


不眠と生活習慣病の「負のスパイラル」


さらに、不眠が「生活習慣病」の原因となることもわかってきています。睡眠不足の人は食欲を抑えるホルモンであるレプチン分泌が減少し、逆に食欲を高めるホルモンであるグレリン分泌が増加します。ついつい食べ過ぎてしまうことで肥満につながり、糖尿病、高血圧、脂質異常症など生活習慣病に繋がります。さらに、慢性的な不眠症患者は、血糖値を上昇させる糖質コルチコイドが過剰に分泌され糖尿病のリスクが2倍ほど増加するとされます。一方で大阪市立大学の研究によると糖尿病患者では、そうでない人に比べて不眠が約1.5~2倍みられます。このように生活習慣病と不眠は相互に影響し合い、どちらかを発症してしまうと負のスパイラルに陥るリスクがあるのです。


不眠対策には「良眠みそ汁」がおすすめ!


株式会社ミソドでは、睡眠の専門医と睡眠栄養士監修のもと、不眠対策に特化した食材を選定し、人気の料理研究家と良眠みそ汁というレシピを開発しました。メラトニンの素となる栄養成分の「トリプトファン」は体内では生成できないため外部から摂取する必要がありますが、味噌にはトリプトファンが豊富に含まれるほか、メラトニンの生成をブーストする栄養成分(鉄分、ビタミンB6、ナイアシン)を含む食材も使用することで、より効果的に不眠の対策に必要な栄養を摂取できます。

良眠みそ汁料理教室を全国10都市で開催
ミソドは今回開発した良眠みそ汁のレシピを紹介する料理教室をホームメイドクッキングと協働し全国10都市で開催、総勢197名が参加しました。料理教室の参加者は「アボカドとツナの良眠みそ汁」と「あさりとほうれん草の豆乳良眠みそ汁」の2品と副菜のセットを作りました。参加者からは、「具材によって良眠作用が上がると思っていなかったのでとても勉強になった」「生活習慣病と不眠に関係があると知らなった。みそ汁で対策できるのは手軽で嬉しい」「簡単に作れて体もあたたまるし野菜もたくさんとれるので良いメニューだと思う」「冷凍野菜や顆粒だしを使った時短レシピなのが嬉しい」などのコメントが多数寄せられました。


<「良眠みそ汁」レシピ>
睡眠専門医・管理栄養士が選んだ不眠の対策にぴったりな食材を中心に、戻りガツオやさつまいも、しめじ等の季節感を感じられる具材を使った「良眠みそ汁」レシピを全6品開発しました。冷凍野菜や顆粒だしを使って10分以内に作れる時短レシピであるほか、価格が安定しているきのこ類などを使うことでコスパも抜群です。“レンジだけ”で調理できるレシピもあります。
マンネリ化しがちな「みそ汁」に新たなレパートリー広げる「良眠みそ汁」をぜひお試しください。







さらに良眠みそ汁を美味しく食べるために・・・
掛け合わせでおいしさアップ! 『ご当地良眠みそ汁マップ』

日本で古来より用いられている味噌は、全国の気候や風土に合わせて作られており、各地域によって好まれる味噌の味が異なります。今回ミソドが開発した良眠みそ汁のレシピはご当地味噌との相性抜群です。ぜひ各地域の味噌を活用して不眠・生活習慣病対策として良眠みそ汁を取り入れていただきたいです。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)