インテリア・雑貨 美容・健康

JR東京駅から徒歩1分のヤエチカ(八重洲地下街)中央エリアに「Standard Products/THREEPPY」が12月13日に同時オープン!

八重洲地下街株式会社
-東京駅八重洲地区再開発に合わせたリニューアルを推進-


八重洲地下街株式会社(代表取締役社長:窪田 弘美)が運営するJR東京駅から徒歩1分のヤエチカ(八重洲地下街)は、国家戦略特区に指定された東京駅八重洲地区再開発に伴い、街づくりの一翼を担うリニューアルを順次推進しています。2022年12月13日に、大創産業の新業態ブランド「Standard Products」「THREEPPY」が、ヤエチカの中央エリアに同時オープン予定です。

■中央エリアに、大創産業の新業態ブランド「Standard Products」「THREEPPY」と女性のための整体サロン「パウワウ」がオープン!





<Standard Products ※2022年12月13日オープン>
「ちょっといいのが、ずっといい。」をコンセプトに、良質で心地よい製品を長く使いたいというニーズにお応えする、ベーシックで洗練されたデザインを提案するブランドです。環境に配慮した商品開発や国内産業とのコラボレーションに力をいれており、東京の老舗文具メーカーの職人が作った、2022年度グッドデザイン賞受賞の「craftsman pencil」も販売予定です。




<THREEPPY ※2022年12月13日オープン>
「あいらしい、そして私らしい。」をコンセプトに、グレーやピンク、ミントなどのくすみトレンドカラーを取り入れたアクセサリー、インテリア、食器、ファッション雑貨など、遊び心や彩りを持ち味にした300円が中心のオリジナルアイテムを展開します。




<パウワウ ※2022年12月7日オープン>
女性の未病を解決するために、施術と商品の両方からお客様の悩みにアプローチする女性のための整体サロン。小顔ケア・骨盤調整からマタニティ・更年期ケアまで独自のテクニックとフェムテック商品で女性の不調をサポートします。




■ヤエチカのリニューアルについて
ヤエチカは、新しく生まれ変わる八重洲の玄関口の象徴となり、また街を繋ぐ場所として歴史や未来、人や文化、様々な活動が繋がる架け橋となる場づくりを目指し、オフィスワーカーを中心に都心生活者・来街者へ向け、結節点となる場所に相応しい八重洲の中心となる拠点づくりを目指して、順次リニューアルを行っています。


<リニューアルポイント>
(1) 多様な人が往来し交差する場に相応しい八重洲らしい場所づくりへ<Yae-Chic-Style(ヤエ-シック-スタイル)>
地上の再開発ビル群との差別化を図るため先進性と懐かしさを融合し、地下でも季節感や時間変化などを五感で感じることができる空間を創造、また日々の中で新しい情報を発信し、都市での癒しの場所として、従来の地下街のイメージを一新しています。

・センタースポット(2022年6月完成)


・メイン・アベニュー イメージ(2022年8月完成)


・商業施設のブランドを刷新


(2) 様々な街とつながる、各エリアでの拠点となる場づくり<街のLDK>
より多くの方に、ヤエチカに立ち寄り、集い、時間消費ではなく時間活用をしていただきたいという思いから、人々が日常的に何度でも足を運びたくなる場所として、LDK(溜まり場)ゾーンをエリア内各所に展開しています。
2022年(1月~12月)は、新たに約30店舗がオープンしました。



■ヤエチカについて


登記上の本社所在地: 東京都中央区八重洲2丁目1番 八重洲地下街中1号
本社       : 東京都中央区八重洲二丁目1番1号 YANMAR TOKYO 4階
電話番号     : 03-3278-1441
会社設立     : 1958年(昭和33年)12月5日
地下街開業    : 1965年(昭和40年)6月1日
代表者      : 代表取締役社長 窪田 弘美
事業内容     : 公共地下駐車場、地下ショッピングセンターおよび公共地下道の管理、運営
公式サイトURL   : https://www.yaechika.com

※記載内容は11月24日時点の情報です。予告なく変更の場合があります。
※画像はイメージです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)