医療・医薬・福祉 その他

ケアテック推進による「持続可能な介護」の実現を目指す『日本ケアテック協会』に入会

ウィルグループ
~介護現場の人材支援とケアテック推進で介護業界全体の課題解決を目指す~

 ウィルグループの総合人材サービスを手掛ける株式会社ウィルオブ・ワーク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:告野 崇)は、介護現場でのデータやテクノロジーの利活用による「持続可能な介護」の実現を目指す一般社団法人日本ケアテック協会(所在地:東京都港区、会長:鹿野 佑介)に2022年12月1日(木)より入会しました。


※ケアテックとは、「Care(介護)」と「Technology(テクノロジー)」を掛け合わせた造語です。ここでいう「Care」は在宅や施設における介護実務、マネジメントや運営業務全般など幅広い領域を含み、人工知能(AI)、IoT、ICT、クラウド、ビックデータ解析などの最先端技術、及びそれを応用した製品やサービスを指します。




『日本ケアテック協会』入会の背景

 『日本ケアテック協会』は、介護事業者とケアテック事業者間の懸け橋となり、介護現場のデータの利活用の促進、現場に即したテクノロジーの社会実装の推進、そして国の社会保障の仕組みへの提言を行うことで、「持続可能な介護」の実現を目指す業界団体で、現在ケアテック事業者と介護事業者を中心に33社と個人会員18名が参画しています。

 当社では人材不足が業界課題となっている介護業界において、人材派遣・人材紹介・外国人の就労支援などを展開し、人材課題の解決に取り組んできました。しかしながら、介護業界の人材流出や、老老介護・独居高齢者の増加など福祉領域全般の様々な課題に対しては、人材不足の解消だけでは本質的な課題解決に至らないのが実情です。

 この度、介護人材サービスを手掛ける当社がケアテック領域事業を推進することで、当社が支援する介護従事者の働きやすさを実現し、人材の定着率向上に寄与したいという思いから『日本ケアテック協会』への入会を決定しました。

 当社では介護現場へのケアテック推進として、介護施設の業務効率向上と重大事故防止をサポートする介護支援システム「Liveconnect(ライブコネクト)」の導入支援を行っており、将来的なサービスラインナップの強化を計画しています。今後も介護業界の人材課題解決と、『日本ケアテック協会』と連携したケアテック推進によって、介護業界全体の課題解決を目指します。

▶日本ケアテック協会(会員一覧)はこちら:https://caretech.or.jp/10
▶見守りサービス「Liveconnect」について : https://willof-work.co.jp/corp/service/liveconnect/



『日本ケアテック協会』概要


団 体 名:一般社団法人日本ケアテック協会(Japan CareTech Association)
所 在 地:東京都港区白金1-17-3 NBFプラチナタワー14階
設  立:2020年11月11日
会  長:鹿野 佑介
U R L:https://caretech.or.jp/


<活動方針>
1.現場視点によるケアテック製品やサービスの開発の推進
2.介護現場がケアテックを利活用しやすい環境や情報整備の推進
3.ケアテック推進のため、意見交換や提言の実行



ウィルオブ・ワークについて



ウィルオブ・ワークは、販売やコールセンター、介護をはじめ、業種に特化した 「人材派遣」「業務請負」「人材紹介・紹介予定派遣」サービスを提供しており、業種に特化した教育活動を通して、専門性の高い人材ビジネスを展開しています。当社が掲げる『Chance-Making Company』のビジョンのもと、すべての人の可能性を信じ、あらゆる人の働く機会、そして多様な働き方も増やしていきたいと考えています。
ウィルオブ総合求人情報サイト:https://willof.jp/


▶ウィルオブ・ワークの介護人材サービスについて: https://willof-work.co.jp/corp/service/ms_kaigo/
▶ウィルオブ・ワークの介護職専門転職サービス「介護ワーク」: https://kaigo-work.jp/


【会社概要】
社   名 : 株式会社ウィルオブ・ワーク
本   社 : 東京都新宿区新宿三丁目1番24号 京王新宿三丁目ビル3階
設  立 : 1997年1月
代  表 : 代表取締役社長 告野 崇
資 本 金 : 9,900万円
従 業 員 数 : 3,545名(2022年3月末現在)
U R L : https://willof-work.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)