食品・飲料

~北海道から長崎まで、24 都道府県 39 団体の観光業関係者とキリンが共同プロジェクトを発足~「免疫ケアで旅行に安心プロジェクト」を開始!

キリンホールディングス株式会社
~ニューノーマル時代の「安全安心な旅行」の実現に向け「免疫ケア」を啓発~

 キリンホールディングス株式会社(社長 磯崎功典 以下 キリン)は、今回、鎌倉市観光協会をはじめとした北 海道から長崎までの24都道府県39団体の観光業関係者と、「免疫ケアで旅行に安心プロジェクト」を発足しました。 当プロジェクトは、観光客や、受け入れる観光地の双方に安全安心な旅行の実現を目指します。参加 39 団体が独 自の免疫ケアの啓発活動に取り組むとともに、当社は健康な人の免疫機能の維持に役立つ機能性表示食品「プラズ マ乳酸菌」シリーズ※1や、免疫ケアガイドブックを合計約 6 万人に提供し、旅行シーンでの免疫ケアをサポートします。 ※1 サンプリング商品は、「キリン iMUSE 免疫ケアサプリメント 7 日分」「キリン iMUSE 免疫ケアサプリメント 15 日分」「キリン iMUSE 朝の免疫ケア」を予定。 サンプリングは無くなり次第終了



 外出機会の一つである旅行シーンにおいて宿泊者数は前年と比較して回復傾向にあり、国内旅行消費額も増加傾向にあります。観光庁の宿泊旅行統計調査によると、今年9月の延べ宿泊者数は3,914万人で前年同月比で約7割伸長しました。※2さらに、日本人国内旅行消費額においては、今年 7-9月が前年同期比で約3割伸長※3しており、外出機会の増加が窺えます。10月以降は観光庁主導による「全国旅行支援」が開始され、観光関連の景況感が大きく回復しています。※4
 株式会社帝国データバンクの国内景気動向調査によると、景気動向指数は「旅館・ホテル」で53.3(前月比15.9ポイント増)、「旅行業」で40.0(同17.7ポイント増)、「飲食店」は39.0(同7.2ポイント増)、観光バスなどの「道路旅客運送業」は39.9(同11.8ポイント増)とそれぞれ大幅に改善しました。※5一方で旅行業界全体の売上高は、21年は19年の3分の1以下まで減少、利益においては約6割以上の企業が最終赤字※6ということから、業績回復は依然として厳しい道のりが続いています。また国内宿泊旅行への意欲は高い水準を維持しているものの、「旅行に行きたいが様子を見ている」人は3割以上となっています※7

※2 出典:観光庁 宿泊旅行統計調査(令和4年8月・第2次速報、令和4年9月・第1次速報)https://www.mlit.go.jp/kankocho/news02_000492.html
※3 出典:観光庁 旅行・観光消費動向調査2022年7-9月期(速報)https://www.mlit.go.jp/common/001571780.pdf
※4 出典:帝国データバンク 『旅館・ホテル業界」動向調査(2022年度業績見通し)』https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p221008.pdf
※5 出典:帝国データバンク 2022年10月の景気動向調査 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000562.000043465.html
※6 出典:東京商工リサーチhttps://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20220405_01.html
※7 出典:株式会社リクルート『じゃらんリサーチセンター』2022 年 9 月時点(第 15 回)国内宿泊旅行ニーズ調https://www.recruit.co.jp/newsroom/pressrelease/assets/20220930_travel_01.pdf



 本プロジェクトでは、年末年始に向けた旅行による外出機会の増加を想定し、参加39団体が「旅行する側」と「受け入れる側」の双方に安全安心な旅行体験をお届けするべく、免疫ケア啓発活動に取り組みます。旅行客を中心に「プラズマ乳酸菌」シリーズや、免疫ケアガイドブックなどの配布を行うほか、旅館やホテルオリジナルの免疫ケアの取り組み実施などを予定しています。「プラズマ乳酸菌」の価値をお客様にお届けし、日常的に手軽に免疫ケアが行える社会の実現を目指すとともに、旅行業の支援を通じて国内経済回復にも繋げていきます。

 キリングループは、長期経営構想「キリングループ・ビジョン2027」を策定し、「食から医にわたる領域で価値を創造し、世界のCSV※8先進企業となる」ことを目指し、人々の健康に貢献していく「ヘルスサイエンス事業」の育成を進めています。その一つとして、キリングループの35年の研究から生まれた「プラズマ乳酸菌」を使用した商品をお客様にお届けすることで、「免疫ケア」をしながら生活する一人ひとりの健康を支援し、明るく健康で生き生きと過ごせる社会の実現を目指します。
※8 Creating Shared Valueの略。お客様や社会と共有できる価値の創造

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)