美容・健康 ネットサービス・アプリ

自宅を最高のフィットネス空間に変えるアプリ「ODOLL(R)-オドル-」正式版リリース!

ならでわ株式会社
AIがリアルタイムにフォームチェック!

AIフィットネスアプリ「ODOLL」を開発・運営する、ならでわ株式会社(本社:栃木県宇都宮市、代表取締役:大塚拓也、以下当社)は12月1日(木)に正式版をリリースしました。ODOLLアプリはAIがアプリに映った自分の動きを認識して、正しくトレーニングができると弾けるエフェクトと共に自動で回数をカウントします。トレーニングは見本動画と音声ガイドもあるので迷わず行うことができ、無我夢中になれて達成感を味わうことができる唯一のフィットネスアプリです。






開発の背景

誰しもが健康になるためには、何をすれば良いのか分かるにも関わらず、「一歩踏み出すことができない」「継続ができない」という長年の課題を、当社が考える世界観/思想感×テクノロジーを用いて解決できるのではないか。と考えました。その一つの手法がAIを用いた骨格検出になります。動きを認識し、それに対して反応がある=リアクティブ性を強みにし、スマホ1台あれば自宅を最高のフィットネス空間に変え、ココロカラダオドル毎日をサポートしていきます。


こんなお悩みを解決します!

・運動不足を解消したい
・ダイエットのために運動を始めたい
・続けられるトレーニングをやりたい
・正しくトレーニングできているか分からない
・動画を見てなんとなくやってるが効果が出ない
・今のトレーニングではなんだか物足りない
・ジムに行けない日もトレーニングしたい
・トレーニングしている実感が欲しい

もっとこうなりたい! 今の自分をもっと磨くために殻を破って新たなスタートを! そんな想いからタマゴのアイコンにしました。さぁ始めましょう、カラダを動かせばすぐに新たな第一歩が始まります。

ODOLLアプリの特徴

■AIカラダ認証
よく見るとアプリに映ったあなたのカラダの部位に点と線が出現…AIがあなたを認識したらトレーニング開始です。アプリを鏡にして自分のフォームをチェックしましょう!

■AI自動カウント
あなたの動きを認識して、きちんとできた分の回数をカウントします。
トレーニングの第一歩はカラダを動かすこと!AIが効果と共にできた分を数えてトレーニングが終わるまでサポートし続けます。

■お手本動画
お手本が小さくなったら、今度はあなたが実践する番です。 わからなくなったら動画をタップしていつでも大きくしてくださいね。

■音声ガイド
正しいフォームに導くため、AI音声ガイドがあなたをサポートします。 ポイントや効果をお話しますので、ぜひ耳を傾けてトレーニングしてみてください。

■目的別メニュー
トレーナー監修の基に作られたトレーニングメニューをご用意しています。有酸素運動(HIIT)・筋トレ・ストレッチでカラダを動かしましょう。

■消費カロリー計算
あなたの体重からトレーニングした分の消費カロリーをきちんと計算します。 体重に変化があったらカレンダーに記録することで消費カロリー計算に反映されます。 計算と記録はお任せください。






「ODOLL(R)」について

ODOLLは【フィットネスを毎日の楽しみにする】をプロダクトミッションに掲げています。AIやARなどを用いて自分の動きに対し、反応(リアクティブ性)を強みして、正しいフォームで楽しくトレーニングできるアプリです。
現在はiOS版(iPhone,iPad)のみのご提供となりますが、2023年内にはAndroid版もリリース予定となっております。料金についてベーシックメニューは無料、スタンダードプラン加入の場合は月額500円(税込)となります。

「ODOLL(R)」AppStore:https://apps.apple.com/jp/app/id6444206587
「ODOLL(R)」公式サイト:https://odoll.app/

DEMO Movie





会社概要

会社名:ならでわ株式会社
代表取締役:大塚拓也
所在地:栃木県宇都宮市伝馬町1-6 CENTER PLACE伝馬町5F
設立日:2014年8月6日
資本金:65,752,000円
事業内容:顧客管理アプリ開発、ヘルスケア向けアプリ開発、エンターテインメント事業など

【本件に関するお問合せ先】
ならでわ株式会社
担当:綱川(つなかわ)
電話:028-688-8905
HP:https://naradewa.co.jp
お問い合わせフォーム:https://naradewa.co.jp/contact
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)