医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

中小企業白書2020掲載のお知らせ【KOTOBUKI Medical株式会社】

KOTOBUKI Medical株式会社
エンジェル税制を活用し資金調達に成功した企業事例として

食品由来の手術トレーニング用模擬臓器、VTT(Verstile Training Tissue)の開発・製造を行うKOTOBUKI Medical株式会社(本社:埼玉県八潮市、代表取締役:高山成一郎)は、経済産業省・中小企業庁が毎年5月に発表する『中小企業白書・小規模企業白書』の2020年版に、エンジェル税制を活用し資金調達に成功した企業事例として掲載されました。(第1部第3節167ページ)


経済産業省・中小企業庁が毎年5月に発表する『中小企業白書・小規模企業白書』の2020年版にエンジェル税制を活用し資金調達に成功した企業事例として弊社が掲載されました。

※第1部第3節167ページ
参照:https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/2020/PDF/chusho/03Hakusyo_part1_chap3_web.pdf
出典:『中小企業白書・小規模企業白書2020』p.167
国際的に見て日本の起業活動率は依然低い状況にあります。そこで、起業につながる多様な支援の一環として、令和2年度税制改正時に対象となるベンチャー企業要件や、クラウドファンディングを通じた投資についての手続要件を緩和する、エンジェル税制利用時の利便性向上策が講じられました。

その成功事例の一つとして、日本初の株式型クラウドファンディングサービス『FUNDINNO(ファンディーノ)』にて、2019年6月当時国内最高額である8930万円の資金調達を達成した弊社が取り上げられました。
参照:https://fundinno.com/project



【5月21日(木)WEBセミナーのご案内】

「株式投資型クラウドファンディングで日本最高額の調達を成功させた実体験を語る」と題して、視聴無料のWEBセミナーが開催されます。弊社代表高山と『FUNDINNO』運営会社の(株)日本クラウドキャピタル営業部シニアマネージャー 荒木浩明氏が登壇し、実体験を語ります。質疑応答の時間も設けておりますので是非奮ってご参加下さい。



2018年11月1日、さいたまの中小企業が医療ベンチャーを設立した。

1年後、ベンチャーは株式投資型クラウドファンディングに挑む。
募集開始から25時間で8930万円。
本邦最高額の調達となった。

何が起きたのか?
そして、ここから始まる物語。
クラウドファンディングは
地場の中小企業に、医療ベンチャーに、何をもたらすのか?

社長とクラウドファンディングの中の人が実体験を語る。







【KOTOBUKI Medical株式会社について】

KOTOBUKI Medical株式会社は、「すべての人が安心して手術に臨める社会をつくる」という理念のもと、エネルギーデバイスでの手技練習も可能にしたコンニャク由来の模擬臓器・VTTや、持運びに便利な腹腔鏡トレーニングボックスなど、市場のニーズを汲み、そして市場のニーズ自体を創造する、手術トレーニング用品等の医療関連機器を製造するメーカーです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会