その他 医療・医薬・福祉

インターナショナルSOSが、米国3大学の学生8名を、24時間以内でモロッコからの国外退避をサポート

インターナショナルSOS
インターナショナルSOSのグローバルネットワークにより実現

2020年5月 - 渡航医療と安全の統合ソリューションを世界中のクライアントに提供するインターナショナルSOS(日本法人本社:東京都港区 代表取締役マーク・アタウェイ)は、世界各地で出入国規制措置が取られている中、モロッコに留学に来ていた米国3大学の学生8名を、24時間以内でモロッコから国外退避のサポートをしました。


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を抑えるために、モロッコ政府は、国際旅客便運航停措置を含む渡航・移動制限を実施し始めました。当時モロッコに留学にきていた米国大学の学生8名は、この渡航・移動制限により、モロッコから出国することが非常に困難な状況にありました。そこで、米国大学の危機管理担当者は、一刻も早く彼らをアメリカに帰国させるために、インターナショナルSOSのアシスタンスセンター(24時間365日対応)へ連絡し、国外退避への支援を依頼しました。

インターナショナルSOSは、カサブランカ空港(モロッコ)からルートン空港(イギリス)までのチャーター機手配、ルートン空港(イギリス)からヒースロー空港(イギリス)までの陸路移動手配、米国大使館との連携による民間航空局(CAA)からの離発着許可証の申請、米国大学の危機管理担当者との連絡、学生への連絡など、国外退避に必要な手配を迅速に行いました。また同時に、インターナショナルSOSのセキュリティディレクターは、学生へ随時情報のアップデート、避難プロセスの指示を行いました。

インターナショナルSOSは、米国3大学の危機管理担当者、米国大使館、モロッコ政府、ほか民間業者との連携のもと、この学生8名を、国外退避の依頼から24時間以内で、モロッコから無事に出国させることができました。さらには、彼らは48時間以内で米国へ帰国することができたのです。

このような国外退避の支援が迅速に対応できるのも、インターナショナルSOSの持つ全世界26カ所のアシスタンスセンター(24時間365日対応)、医療・セキュリティの専門家、約81000社の認定プロバイダーとの密接な連携体制があるからなのです。


インターナショナルSOSグループについて
インターナショナルSOSグループは、グローバルに働く社員を、健康と安全に対する脅威から守り、命を救うことに力を尽くします。多様な環境に合わせ、心身の健康と安全のためのリスクマネジメントソリューションを提供し、お客様の事業の成長と生産性の向上を支援します。私たちは異常気象、伝染病、治安事案の発生時などに迅速に対応し、安心を届けます。革新的な技術と医療と安全の専門知識によって、リスクの予防に取り組み、実際に活用できるリアルタイムの情報分析と、現場での質の高いアシスタンスサービスを提供します。グッド・ガバナンスに欠かせない法令遵守の報告に関しても、インターナショナルSOSとのパートナーシップは、安全配慮義務の履行の実現と、組織のビジネスレジリエンス、事業継続性およびサステナビリティの強化を助けます。

インターナショナルSOSグループは1985年に設立され、世界の政府機関、フォーチュングローバル 500の3分の2にあたる多国籍企業、中小企業、教育機関、NGOを含む11,000社を超えるお客様から信頼を寄せられています。 11,000名以上の医療、安全およびロジスティクスの専門家が、90ヵ国1,000ヵ所以上の地域で、99ヵ国語以上の言語と文化に対応し、 24時間365日、サポートを提供しています。
website:http://www.internationalsos.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会