医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

第三社割当増資により、シリーズAラウンドにおいて資金調達を実施しました

SIMPLEX QUANTUM 株式会社
SIMPLEX QUANTUM株式会社 (本社:東京都渋谷区、代表:齋藤 龍) はこの度、第三者割当増資によりシンプレクス・ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表:金子 英樹)、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社が運営管理するテクノロジーベンチャーズ5号投資事業有限責任組合(本社:東京都港区、代表:中野 慎三)、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表:石井 敬太)より合計5.5億円の資金調達を行いました。


※上記3社様よりシリーズAラウンドにおいて資金調達を実施しました

資金調達の目的


心不全検知AIを病院で使っていただくことを背景に、医療機器承認手続きに付随した治験、及び厚労省への医療機器承認申請、アメリカFDA承認申請にかかる費用
心不全検知AIのサービス化にかかる開発費用



出資者コメント

■シンプレクス・ホールディングス株式会社 代表取締役社長 金子 英樹氏


SIMPLEX QUANTUM社がこれまでに開発してこられたAIモジュールの一つである「心不全・不整脈検知AI」を用いた取り組みは、産学・官民の垣根を越えたプロジェクトとして、その可能性に高い評価を得ています。同社の技術や実績は、シンプレクスグループが力を注いでいく非金融領域への事業拡大において、高いシナジーを発揮することと期待しています。また、今回の出資を機に連携を深め、互いの強みを活かした事業開発の道も模索していきたいと考えます。

■伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社 取締役副社長 阿部 剛士氏


SIMPLEX QUANTUM社が開発・提供する「心不全・不整脈検知AI」は、医療の専門家とIT領域におけるスペシャリストの知見を融合させた高度な解析技術がコアとなっています。また、大量データの取得や臨床現場での検証も重要要素となりますが、医療業界のネットワークを持つSIMPLEX QUANTUM社だからこそ成し遂げられるものと期待しています。 SIMPLEX QUANTUM社が医療業界を変革するプレーヤーとして大きく飛躍できるよう、最大限ご支援させて頂きたいと思っています。

■伊藤忠商事株式会社 執行役員 情報・通信部門長 梶原 浩氏


SIMPLEX QUANTUM社が開発しました心不全検知AIは、心電図データから心不全を検出する最先端のAI技術です。また、同AIが心不全患者の病院受診を促進し、より早期に治療を行うことで、医療関係者の負担及び医療費の削減が期待されております。伊藤忠商事は今回の資本提携を通じて、伊藤忠グループのネットワークを最大限ご提供させて頂くことで、心不全検知AI事業の日本国内及びグローバルな展開等、SIMPLEX QUANTUM社のビジネス拡大をサポートして参ります。


【会社概要】
SIMPLEX QUANTUM株式会社
代表者:代表取締役 齋藤 龍
設立 :2014年10月3日
所在地:東京都渋谷区桜丘29-1渋谷CHビル3F
サイト:https://simplex-q.com
本件に関するお問い合わせ:pr@simplex-q.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)