企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

日経 SDGs Festival 『医療DX ~令和ビジョン2030の実現に向けて~』に登壇決定!

株式会社プレシジョン
株式会社プレシジョン(本社:東京都文京区、代表取締役社長:佐藤 寿彦、以下 プレシジョン)の代表取締役 佐藤 寿彦は、2022年12月8日(木)に「日経 NIKKEI SDGs Festival」において、「医療DX ~令和ビジョン2030の実現に向けて~」のセッションで、パネリストとして登壇いたします。



医療DX ~令和ビジョン2030の実現に向けて~
日時 : 2022年128日(木)930~1645
主催: Medelical Excellence JAPAN、日本経済新聞社

セッション名 : パネルディスカッション2. 「医療DX~地域医療へ」
座長 : 武藤 真祐 氏 (医療法人社団鉄祐会 理事長)
登壇者:
園生 智弘 氏 (TXP Medical 代表取締役)
園田 愛 氏 (インテグリティ・ヘルスケア 代表取締役 社長)
浜崎 千賀 氏 (Kitahara Medelical Strategies International 代表取締役)
佐藤 寿彦 (プレシジョン 代表取締役)
セッション日時:2022年128日(木)13:00~14:00
視聴方法:ハイブリッド(会場聴講+オンライン聴講)
視聴申込:下記URLよりお申込みいただけます。
https://project.nikkeibp.co.jp/event/sdgs2022/12/medical_dx/


イベント概要
名称日経 NIKKEI SDGs Festival
日時 : 2022年12月5日(月)~2022年12月10日(土)
主催:日本経済新聞社、日経BP
メディアパートナー:FINANCIAL TIME
特別協力:三井不動産

日本経済新聞社が主催する2030年までのSDGs達成に向けて、地球の未来を見据えるイベント「日経 NIKKEI SDGs Festival」。同イベントは、経営、投資、環境、ジェンダーなどSDGs推進に関して、国内外の第一人者が講演を行います。


佐藤 寿彦(さとう ひさひこ)について
東京大学理学部、千葉大学医学部卒。コロラド大学コロラドスプリングス校経営学修士。
コンサルティング会社、医学系出版社エルゼビア・ジャパンなどを経て、2016年にプレシジョンを創業。日本を代表する医師2,000名と一緒に作成した診療支援システムは現在500を超える医療機関で導入されており、2021年からは富士通Japan株式会社との協業を開始。現在も東京女子医科大学病院の総合診療科で医師として従事。
受賞歴:HealthTech/SUM2021 Best Audience賞・Health 2.0 Dubai Outstanding Leadership Award 2022


AI診療支援システム「今日の問診票」について
同サービスは、医学情報データベース「Current Decision Support(CDS)」を組み合わせた、国内初の本格的なAI診療支援システムです。

1)CDSは著名医師2,000名の協力の元、制作・更新
3,000疾患700病状の所見、全処方薬情報を掲載している次世代診療マニュアルとして全国で活用されています。

2)高齢者でも入力可能なUI(ユーザーインターフェース)
様々なテストを行い、分かりやすくて入力しやすい入力画面に設計しています。

3)大学病院の60%以上が導入済
全国300以上の病院・医療機関で導入されている実績があります。

製品サイト:https://www.premedi.co.jp/konnichi-no-monshinhyo/


会社概要
企業名 :株式会社プレシジョン
代表者名:佐藤 寿彦(東京女子医科大 総合診療科 医師/AI研究者)
所在地 :東京都文京区本郷4-2-5 MAビル7F
URL  :http://premedi.co.jp/
設立  :2016年11月
お問い合わせ先: https://www.premedi.co.jp/contact-cds/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)