美容・健康

Sony Startup Acceleration Programが事業化を支援!ライオンのお口のフィットネスサービス「ORAL FIT(オーラルフィット)」

ソニーグループ株式会社


ソニーは、 スタートアップの創出と事業運営を支援する「Sony Startup Acceleration Program(以下、SSAP)」によるスタートアップ支援サービスの一環として、ライオン株式会社(以下、ライオン)が手掛けるお口のフィットネスサービス「ORAL FIT(オーラルフィット)」の事業化支援を行いました。

「ORAL FIT(オーラルフィット)」は、お口の筋力の低下が原因のひとつとして考えられる、「むせる」「話しづらい」「噛みづらい」という衰えに対して筋力向上を目指す、お口のフィットネスサービスです。2022年11月29日(火)より ORAL FIT公式サイト上で一般販売が開始されました。

SSAPはライオンが本製品を開発するにあたり、事業化のための体系的なノウハウや知見をベースに、マーケティングやコミュニケーションデザイン等の支援を行いました。

『ORAL FIT』コンセプトムービー



「ORAL FIT(オーラルフィット)」の特長


「ORAL FIT(オーラルフィット)」は、お口周りの筋力の低下が原因のひとつとして考えられる、「むせる」「話しづらい」「噛みづらい」という衰えに対して、「話す力」や「噛む力」などのメカニズムに着目したトレーニングメニューを行うことで筋力向上を目指します。スマートフォンのアプリケーション上で、お口の状態にあわせたトレーニングメニューが毎日配信されます。
自宅で手軽に行うことができ、1日10分、2ヶ月間トレーニングを続けることで、気になるお口機能の衰えの改善が期待できます。

<サービスの流れ>
1. 公式サイトからアプリケーションをダウンロードし、 お申し込み

公式サイトから『ORAL FIT』のアプリケーション(※1)をダウンロードします。 ダウンロード後、アプリケーション内で初回プラン(2ヶ月税込8,000円)にお申し込みいただくと、お口の状態を確認するためのチェックキットが送付されます。
※1 iOS、Android対応のスマートフォンでご利用いただけます

2. チェックキットを使って、自宅でお口の機能をチェック

スマートフォンのアプリケーションのガイドで、チェックキットを使いながら今のお口の機能を見える化します。

3. お口の機能チェック結果から、おすすめのコースを提案

お口の機能チェック結果からおすすめのコースが提案され、トレーニングコースを選択します。
選択したコース内容で、毎日のトレーニングが開始されます。

4. 1日10分、2ヵ月間トレーニングメニューを毎日配信

毎日のトレーニング時間は10分程度です。トレーニングは、アプリケーション上のトレーナーが解説、サポートするので、知識がなくても心配ありません。
いつでもどこでも行えるので、ご自身のペースで無理なく続けられます。理解を深めるための動画や軽快な音楽もあり、トレーニングの習慣化を促します。



ライオン株式会社 ORAL FIT開発者のコメント


現在多くの人が口腔機能の低下による咀嚼・嚥下障害など、日常生活に様々な課題を抱えています。ライオンが実施した調査では55歳~74歳の37%が口腔機能に衰えを感じていることがわかりました(※2)。そこでライオンは、自宅で口腔機能をチェックして、自分の気になる箇所を中心としたトレーニングを毎日実施する、「お口のフィットネス」という新習慣で口腔健康の維持・増進を目指し、ORAL FIT(オーラルフィット)を発売します。開発にあたっては、ライオンが保有する口腔機能に関する知見を活用し、日本歯科大学菊谷 武教授にプログラムの監修をいただきました。
ORAL FIT(オーラルフィット)は「お口のフィットネス」をウォーキングやランニングのように広く親しまれる習慣にしていきます。
※2:ライオン調べ 55歳~74歳男女 n=761 (2022年1月)


「ORAL FIT(オーラルフィット)」公式サイト:https://oralfit.lion.co.jp
「ORAL FIT(オーラルフィット)」一般発売開始に関するニュースリリース:https://www.lion.co.jp/ja/news/2022/4128

関連URL
Sony Startup Acceleration Program(SSAP):https://sony-startup-acceleration-program.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)