医療・医薬・福祉 ビジネス・コンサルティング

京都大学とRIETIによる世界にも類のない生命科学と社会科学にまたがる最先端研究の成果を発表ー(独)経済産業研究所(RIETI)がオンラインシンポジウムを開催

独立行政法人経済産業研究所
京都大学 - RIETI 共催シンポジウム「新型コロナウイルス感染症対策の文理融合研究-ウィズコロナ社会の展望」

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が始まって間もなく3年、世界各国で、ウィズコロナを前提とした社会のあり方が模索されています。感染の拡大を抑制しつつ社会・経済活動を維持するためには、人々の健康と経済活動の関係を考慮した文理融合による新しい生命・社会科学の構築が不可欠です。 このため、京都大学とRIETIは、2020年から共同研究を開始し、京都大学が滋賀県長浜市において構築している「ながはま0次予防コホート」のデータを最大限に活用して、世界にも類のない生命科学と社会科学にまたがるさまざまな最先端研究を行っています。本シンポジウムでは、その成果の一端として、最新の抗体検査を用いて明らかになったCOVID-19の感染拡大の特徴や人々の行動変容の状況などを紹介します。



日時:2022年12月19日(月)14:00-17:00
開催言語:日本語
参加費:無料
備考:オンライン配信
主催:独立行政法人経済産業研究所(RIETI)、京都大学
*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
<<お申込みはこちらから>>

https://www.rieti.go.jp/jp/events/22121901/info.html

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=**=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

【プログラム】(敬称略)

開会挨拶

湊 長博 (京都大学総長)


研究成果報告

松田 文彦(京都大学大学院医学研究科教授)

山本 正樹(京都大学大学院医学研究科講師)

広田 茂(RIETIファカルティフェロー / 京都産業大学経済学部教授)


パネルディスカッション「健康・生命科学データの活用について」

パネリスト

クリス・ダイ(株式会社レシカ代表取締役)

松田 文彦(京都大学大学院医学研究科教授)

吉原 博幸(京都大学名誉教授)

モデレータ:矢野 誠(RIETI理事長 / 京都大学経済研究所特任教授 /上智大学特任教授)


■ 閉会挨拶

吉田泰彦(RIETI理事)

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:

<お問い合わせ>

RIETIコンファレンス担当 馬場

e-mail: conf-221219@rieti.go.jp

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:*:
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)