ネットサービス・アプリ 美容・健康

AI食事管理アプリ『あすけん』が累計会員数800万人を突破!感謝を込めて100名様に豪華賞品が当たるプレゼント企画を実施

株式会社asken
株式会社asken(東京都新宿区、代表取締役社長 中島洋、以下「当社」)は、この度、自社が開発・運営を行う国内No.1*1のAI食事管理アプリ『あすけん』の累計会員数が800万人を突破したことをお知らせいたします。これを記念し、ユーザーの皆さまへの感謝の気持ちを込めて、『あすけん』アプリ内の「チャレンジ」コーナーにて合計100名様に豪華賞品が当たる特別プレゼント企画を2022年12月8日(木)より実施いたします。




■<特別プレゼント企画>会員800万人突破記念! 食事記録5日間チャレンジ

実施期間:
2022年12月8日(木)~25日(日)

企画概要:
上記の期間中に、『あすけん』アプリ内の「チャレンジ」コーナーより「会員800万人突破記念! 食事記録5日間チャレンジ」に参加いただき、「1日1回以上の食事記録を5日間行う」という達成条件をクリアされた方の中から、合計100名様に抽選で豪華賞品をプレゼントいたします。

賞品/当選者数:

・ジョンソンデジタルジャパン フィットネスバイク GR7 3名様
・TATUNG 大同電鍋(M) 2名様
・イマジニア Fit Boxing 北斗の拳 ~お前はもう痩せている~ 5名様
・ホテルグランバッハ東京銀座 ランチペアチケット 5名様
・キッコーマン 大豆麺 4食セット 20名様
・ケロッグ オールブランフルーツミックス 20名様
・味の素冷凍食品 「For ATHLETE」ギョーザ2種類 30名様
・あすけんロゴ入りオリジナルグッズ 15名様

『あすけん』は、今後もユーザーの皆さまへの感謝の気持ちを込めてさらなるサービス向上に努め、さまざまな人のライフステージに寄り添い、食生活改善をサポートしながら人生を共に歩むパートナーになることを目指してまいります。


■AI食事管理アプリ『あすけん』について




『あすけん』は食事画像やバーコードを読み取るだけでカロリーや栄養素が表示され、ご自身に合った目標摂取エネルギーや各種栄養素に対する過不足が一目でわかる食事管理アプリです。AI栄養士からの食事内容や食生活のアドバイスを毎日見ることができ、次の食事で何を食べればよいのかがわかるため、食事の選択力が身につき食生活の改善に役立ちます。

・2022年上半期ダウンロード数&売上No.1*¹

・会員数800万人*²(海外含め840万人)以上

・メニュー数は10万件以上

・カロリーと各種栄養素14項目*³の過不足をグラフ表示

・AIで自動表示されるアドバイスパターンは20万以上


『あすけん』ウェブサイト:https://www.asken.jp


<主な受賞歴>

2020年:「革新的な優れたサービス」への内閣総理大臣表彰制度、第3回日本サービス大賞「優秀賞」を受賞。

2022年:『あすけん』内の食事アドバイスコース「妊娠・授乳期に!あすママコース」がBabyTech(R) Awards2022[妊活と妊娠部門] 大賞を受賞。


<アプリ概要>





*1:日本国内AppStoreとGooglePlayの「ヘルスケア(健康)/フィットネス」カテゴリにおける、2022年1月~6月のダウンロード数および収益の合算(data.ai調べ)

*2: 2022年12月時点の累計会員数

*3:あすけんダイエット基本コースの場合。食事アドバイスコースによって表示される種類は異なります。


■株式会社askenについて

askenは、栄養学の知見とAIをかけあわせ「ひとびとの明日を、今日より健康にする」ことをミッションに、下記の事業を展開しています。

・国内個人向けサービス:AI食事管理アプリ『あすけん』の開発・運営
・医療機関向けサービス:病院での栄養指導の一助として『あすけん』の食事記録と管理者向けシステムの提供
・法人向けサービス:従業員の食生活改善、市民の健康増進などを目的とした『あすけん』の団体向け利用
・海外個人向けサービス:北米でのスマホアプリ『Asken Diet』の開発・運営
・食事療法を補助する治療用アプリ(医療機器プログラム)の開発

設立 :2007年10月1日

所在地 :〒163-1442 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号 東京オペラシティタワー42F

株主 :株式会社グリーンハウス(100%出資)

コーポレートサイト: https://www.asken.inc
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)