美容・健康

国内初!282人の腸内フローラを研究して生まれた新しい腸活|腸内フローラ検査「マイキンソー Hana」 受付開始

株式会社サイキンソー
腸内でわかる、行動でかわる、花粉症セルフケア

株式会社サイキンソー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:沢井 悠、以下サイキンソー)と、SOMPOヘルスサポート株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平塚 徹、以下SOMPOヘルスサポート)は、腸内フローラ※ 1 と花粉症の関連性について共同研究を実施し、腸内フローラを起点とする新しい花粉症セルフケア※ 2 について検証しました※ 3 。その研究結果をもとに開発した「マイキンソー Hana」は、腸内フローラの菌構成から 5 つのタイプに分類し、タイプに合った生活・食事習慣のアドバイスを提供することで行動変容を促す新しい腸内フローラ検査です。本日から法人や団体・会員向けに受付を開始しました。サービス提供開始時期は 23 年 1 月を予定しています。



※ 1 :腸内細菌の集合体。腸内細菌叢とも呼ばれる。
※ 2 :従業員が自分自身で行うメンタルヘルス対策
※ 3 :https://cykinso.co.jp/news/shspublish


サービス開発の背景

(1)社会環境
企業が健康経営を推進していくなかで、労働生産性への影響度を評価する指標としてのプレゼンティーイズム※ 4 への対応が重要視されています。病気による経済損失の内、何らかの疾患や症状を抱えながら出勤し、何らかの体調不良があるまま働いている「プレゼンティーイズムに影響している状態」が6割を占めており※ 5 、それによる企業の年間損失額は従業員 1 名あたり約 56 万円※ 6 にものぼると言われています。また、企業には従業員の心身の健康状態を総合的に把握し対策を実行することや、従業員が自律的にセルフケアに取り組むための支援が求められています。

※ 4 :何らかの疾患や症状を抱えながら出勤し、何らかの体調不良があるまま働いている状態
※ 5 :令和 2 年 9 月 経済産業省 「健康経営の推進について」
※ 6 :経済産業省 平成 27 年度健康寿命延伸産業創出推進事業(ヘルスケアビジネス創出支援等)「健康経営評価指標の策定・活用事業」 東京大学ワーキンググループ報告書

(2)共同研究をもとにしたサービス開発
腸内フローラ検査で実績のあるサイキンソーと企業・保険者等へのヘルスケア支援の実績が豊富にあるSOMPOヘルスサポートは、プレゼンティーイズムに影響するアレルギー等の疾患を腸内環境で和らげられないかという観点で共同研究を行いました。

特にアレルギー疾患の代表例である花粉症に注目し、花粉症患者に特徴的な腸内フローラを探索して症状軽減に向けた生活習慣を見出せれば、人々の健康増進、花粉症の予防・診療に貢献できるのではないかと考えました。そこで、SOMPOグループの従業員 282 名を対象に腸内フローラ検査を実施し、花粉症の重症度のスコア化と生活習慣に関するアンケート内容から花粉症症状に寄与する生活習慣パターンを発見しました。

この共同研究の結果をもとにして、このたび従業員の健康サポートに役立てる新しい腸内フローラ検査サービス 「マイキンソー Hana」を開発いたしました。


「マイキンソー Hana」について

(1)サービス概要
自宅で採取した便を返信用封筒で郵送するだけで、ご自分の腸内フローラタイプやビフィズス菌、酪酸産生菌などの有用菌の保有割合がわかります。検体の郵送から検査結果公開まではおよそ 4 週間程度。検査結果や生活習慣アドバイスは全てオンラインで閲覧でき、複数回受検するとこれまでの推移も一目でわかります。

(2)サービスのポイント
ポイント 1 :共同研究から生まれたタイプ判定で自分に合った食材や生活習慣がわかる


サイキンソーとSOMPOヘルスサポートの共同研究をもとに区分された腸内フローラタイプに応じて、最適な食材や生活習慣を提案します。

ポイント 2 :腸内細菌の多様性とビフィズス菌・酪酸産生菌の保有割合がわかる



良好な腸内環境の指標となる腸内細菌の多様性、有用菌の代表格であるビフィズス菌・酪酸産生菌の保有割合がわかります。

ポイント 3 :自宅で便を採取するだけ、リモートワーク環境下にも適した検査手法



便を採取し、検査キットに同梱されている返信用封筒で郵送後、約 4 週間程度で検査結果をお出しします。検査結果はWEB(マイページ)上に掲載いたします。自宅で簡単に受けられるため、リモートワーク環境下や全国展開している法人様でもスムーズに導入いただけます。

(3)料金
・定価8,800円(税込)
※被検者様のご負担は法人のお客様の補助額によって変動します。

(4)販売スケジュール
・受付開始:12 月 7 日
・サービス提供開始:23 年 1 月

(5)活用事例
企業においては、「プレゼンティーイズムに影響している状態に気づきを促す」健康経営の推進施策、各種団体においては会員向けのサービス向上策、医療保険者においては医療費削減施策などにご活用いただくことを想定しております。


ご参考

(1)腸内細菌の重要性について
腸内に住み着いている微生物の集団である腸内フローラ(腸内細菌叢)は、人体の健康に大きな影響を与えていると言われています。私たち人間の腸内には、 1,000 種類以上、数にして 100 兆個以上もの腸内細菌が存在し、人間が食べたものをエサにして、互いに競い合い、助け合いながら生きる”生態系”を作っています。腸内細菌に関する研究は日々進んでおり、大腸がんや大腸ポリープなどの腸に関わる病気だけでなく、糖尿病やアレルギー疾患など、様々な病気との関わりも分かってきています。特に、免疫機能の調整や、うつ病・ストレスなどの精神状態にも腸内細菌が影響している可能性が示唆され、注目を集めています。

日頃から腸内フローラのバランスを整え、良い腸内環境を保つ活動=「腸活」をすることで、病気予防・健康長寿に繋がることが期待されています。

(2)マイキンソー(Mykinso)について


自宅で誰でも簡単にできる腸内フローラ(腸内細菌叢)検査サービス。有益菌の代表格として知られるビフィズス菌の他、乳酸産生菌や、酪酸産生菌、エクオール産生菌の割合もわかります。全国900件以上の医療機関で受けられる「マイキンソー プロ(Mykinso Pro)」や乳幼児に特化した検査サービス「マイキンソー キッズ」も展開しています。

・サービスサイト:https://mykinso.com/
・紹介動画:https://youtu.be/GtIxFi92RFA


会社案内

(1)株式会社サイキンソー
「細菌叢で人々を健康に」を企業理念として、腸内フローラをはじめとする人体の常在細菌叢をデータサイエンスの力で解き明かし、ヘルスケアに貢献することを目指しています。

・会社名:株式会社サイキンソー
・設立:2014年11月19日
・所在地:東京都渋谷区代々木1-36-1 オダカビル2階
・代表者:代表取締役 沢井 悠
・主な共同研究先:大阪大学微生物病研究所
・URL:https://cykinso.co.jp/

(2)SOMPOヘルスサポート株式会社
より多くの「こころと身体」の健康の実現に貢献することを使命として、企業・保険者等のお客さまに、最新のテクノロジーを活用し、心身の健康状態を分析・個別化し、予防から再発防止までの総合的なヘルスケアサービスを提供しています。

・会社名:SOMPOヘルスサポート株式会社
・設立:2018 年 10 月 1 日
・所在地:東京都千代田区神田淡路町 1 - 2 - 3
・代表者:代表取締役社長 平塚 徹
・URL:https://www.sompo-hs.co.jp/


問い合わせ先

(1) 本リリースに関するお問い合わせ先



(2) 本サービスに関するお問い合わせ先





最上級表現に関して

・調査機関:自社
・調査年月:2022年10月
・調査内容:日本国内における個人向け腸内フローラ検査サービスのくくりにおいて調査を実施
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)