美容・健康

単回摂取で持久力向上の可能性を確認!ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン

丸善製薬株式会社
植物を中心とする天然物より、医薬品や食品、化粧品、の原料を製造する丸善製薬株式会社(所在地:広島県尾道市、代表取締役社長:日暮 泰広)は、ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン(以下PMF)の有効性について早稲田大学と共同研究を実施しました。 その結果、PMFを高濃度に含むブラックジンジャーエキスの摂取は筋肉および肝臓におけるエネルギー代謝と基質利用を促進することで、持久力を向上させる可能性があることが示唆されました。 また、本研究結果は査読付き論文誌「Nutrients」に掲載されました。 丸善製薬では、本研究で得られた知見を基に「ブラックジンジャー由来ポリメトキシフラボン」の更なる基礎、応用研究を推進してまいります。


研究の背景
タイに生育するショウガ科の植物ブラックジンジャー(Kaempferia parviflora)から抽出したPMFを高濃度に含むブラックジンジャーエキス(以下KPE)は、細胞のエネルギー代謝を促進する効果が確認されており、運動能力の向上や抗肥満の研究に用いられてきました。しかし、KPEの単回投与による持久力向上効果については十分に検討されていませんでした。今回、マウスモデルを用いて運動1時間前のKPE投与が持久力向上に及ぼす影響とそのメカニズムについて検討を行いました。

研究の概要


マウスへのPMFを高濃度に含むKPE(62.5mg/kg-体重)単回投与により、運動時間が有意に延長されることが確認されました。
骨格筋では、ヒラメ筋の脂質、乳酸、グリコーゲン代謝およびミトコンドリア機能に関する遺伝子の発現がPMFを高濃度に含むKPE単回投与で有意に変化することが確認されました。
腓腹筋および肝臓では、グリコーゲン代謝に関する遺伝子の発現がPMFを高濃度に含むKPE単回投与により有意に変化することが確認されました。


結論
本研究により、PMFを高濃度に含むKPE単回投与が筋肉と肝臓におけるエネルギー代謝と基質利用を促進することで持久力を向上させる可能性があることが示唆されました。

参照
Katsuhiko Suzuki et al., Black Ginger (Kaempferia parviflora) Extract Enhances Endurance Capacity by Improving Energy Metabolism and Substrate Utilization in Mice.
Nutrients (2022) DOI: 10.3390/nu14183845
本論文は以下URLより全文がご確認いただけます(英文)。
https://doi.org/10.3390/nu14183845

会社概要
商号  : 丸善製薬株式会社
代表者 : 代表取締役社長 日暮 泰広
所在地 : 広島県尾道市向東町14703-10
設立  : 昭和24年7月13日
事業内容: 医薬品、医薬品用素材抽出物、医薬部外品用素材抽出物、
化粧品用素材抽出物、食品添加物、食品、食品用素材抽出物、
健康食品、健康食品用素材抽出物の製造販売
資本金 : 9,800万円
URL  : https://www.maruzenpcy.co.jp

当資料に記載の技術情報については、関連法規制の規定等をふまえ、広告宣伝や販売等の目的に使用することはお控えください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)