住宅・建築・建設 医療・医薬・福祉

病院と一体開発した複合施設「ASMACI神戸新長田」の分譲マンション「ファインレジデンス神戸新長田」が竣工前に完売

ミサワホーム株式会社
○ JR新長田駅南地区再開発初となる病院と住宅の一体開発による付加価値が高評価 ○ 高い利便性と豊かな住環境、病院との一体開発で提供する4つの医療連携などが好評で竣工前に完売 ○ 完成後は入居者の暮らしを支えるとともに、地域の健康と交流を育む複合施設として賑わい創出に貢献



 ミサワホーム株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長執行役員 作尾徹也、以下「ミサワホーム」)と京阪電鉄不動産株式会社(大阪市中央区、代表取締役社長 道本能久、以下「京阪電鉄不動産」)が販売していた複合施設「ASMACI(アスマチ)神戸新長田」の分譲マンション「ファインレジデンス神戸新長田」全80戸が完売しました。

 「ファインレジデンス神戸新長田」は、阪神・淡路大震災により甚大な被害を受けたJR新長田駅南地区再開発において、ミサワホームと京阪電鉄不動産、特定医療法人一輝会(神戸市中央区、理事長 荻原徹)の3者が特定建築者として建設中の複合施設「ASMACI神戸新長田」の住宅です。高い利便性や豊かな住環境とあわせて、同再開発初となる病院と住宅の一体開発によって提供される「ウェルネスサポート」などの付加価値がお客さまから高く評価。子育て中のご家族から住み替えを検討されるアクティブシニアの方々まで幅広い年代に選ばれ、早期完売となりました。
 本物件は、2023年1月の竣工を予定しています。完成後は入居者に豊かな住環境を提供するとともに、地域の健康と交流を育む複合施設「ASMACI神戸新長田」として、賑わいの創出に貢献します。


「ASMACI神戸新長田」について

 「ASMACI神戸新長田」は、地域の医療ニーズを踏まえ、回復期リハビリテーション・地域包括ケア・医療療養の142床を備える「荻原記念病院」と、全80戸の分譲マンション「ファインレジデンス神戸新長田」の複合施設です。
 同病院との連携により、インターフォンを利用して入居者向けに情報配信するなど、病院がかかりつけ医のように健康維持・増進をサポートする「ヘルスケアサポート」や小児科・産婦人科・婦人科に特化した「オンライン医療相談サポート」、住民交流や子育て、防災などのイベントを行う「コミュニティサポート」、日々の健康づくりを支える「エクササイズサポート」を用意。これら4つの「ウェルネスサポート」によって、あらゆる世代が豊かで健康に過ごすことができるよう支えます。




「ファインレジデンス神戸新長田」について

「ファインレジデンス神戸新長田」では、病院との一体開発によって提供される医療連携や、マンション独自の防災プログラムによって安全安心な暮らしを提供します。また、共用ラウンジにコワーキングスペースを設けてテレワークに対応するなど、入居者の豊かな暮らしをサポートする分譲マンションです。

駅からの距離を含む駅前再開発の利便性の高い立地に加え、病院との一体開発によって提供する4つの医療連携「ウェルネスサポート」がシニア層を中心に高く評価されており、この度の早期完売につながりました。また、ニューノーマルの暮らしを支え災害時には防災拠点となる豊かで安全な住環境についても多くの期待をいただいています。




複合施設「ASMACI神戸新長田」・「ファインレジデンス神戸新長田」の概要



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)