医療・医薬・福祉

【みんなの介護】「レビー小体型認知症」の方の受け入れが可能な老人ホーム調査(2022年・近畿編)

株式会社クーリエ
掲載施設数No.1(※)の⽼人ホーム検索サイト「みんなの介護」を運営する株式会社クーリエ(本社:東京都渋谷区、代表取締役 安田 大作)では、サイト運営で得た知見を基に介護事業の課題や社会的事象を調査・研究しています。今回は「レビー小体型認知症の方を受け入れ可能な老人ホーム(近畿編)」の情報に関するレポートです。


今回は、近年注目されている「レビー小体型認知症」についてお伝えします。

「レビー小体型認知症」は、一般的によく知られるアルツハイマー病とは異なり、手足の震えなどのパーキンソン症状や、歩行困難などになりやすいとされています。もし発症した場合には、症状に応じた特別なケアが必要になることもあります。

では、こうした「レビー小体型認知症」の方の受け入れが可能な老人ホームは近畿エリアにどのくらいあるのでしょうか?

今回は、「みんなの介護」に掲載されている施設のうち、近畿エリア(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県)を対象に「レビー小体型認知症の方を受け入れ可能な老人ホーム」が多い地域をランキング形式にまとめました。


近畿エリアの「レビー小体型認知症の方を受け入れ可能な老人ホーム」の総数は1,748件。1位は大阪市で335件。次いで、2位は京都市で138件、3位は堺市で126件でした。

全体としては、人口の多い大都市圏に集中している傾向が見られました。

■老人ホームへの入居検討にあたっては見学を
実際に「レビー小体型認知症の方の受け入れが可能」といっても、その形態は施設によって様々です。例えば、アルツハイマー病も併発している場合や、その他の持病がある場合にも対応して貰えるかについては、施設によって違いがあります。また、施設内の動線は歩行困難な方にとっても安全か?などのハード面については、見学して確かめる方が確実です。

老人ホーム選びにおいては、環境や設備はもちろん、スタッフの人柄や医療のケア体制の充実など、実際に確認して納得した上で選択することが大切です。老人ホーム入居にあたっては、ぜひ一度、施設見学を検討されてみてはいかがでしょうか。

データ出典:全国の「レビー小体型認知症の方を受け入れ可能」な老人ホーム・介護施設一覧|みんなの介護
https://www.minnanokaigo.com/search/lewy-body/

テキスト版「レビー小体型認知症の方を受け入れ可能な老人ホーム」な老人ホームが多い地域ランキング(近畿エリア)
1位:大阪市/335件
2位:京都市/138件
3位:堺市/126件
4位:神戸市/111件
5位:東大阪市/70件
6位:豊中市/48件
7位:姫路市/47件
8位:枚方市/44件
9位:吹田市/40件
10位:尼崎市/39件
11位:和歌山市/38件
12位:八尾市/34件
13位:西宮市/31件
14位:茨木市/29件
14位:奈良市/29件
16位:岸和田市/27件
17位:寝屋川市/25件
18位:明石市/21件
19位:宝塚市/19件
20位:門真市/18件
21位:守口市/17件
21位:池田市/17件
23位:伊丹市/16件
23位:高槻市/16件
23位:大津市/16件
23位:箕面市/16件
27位:大東市/14件
28位:芦屋市/12件
28位:泉大津市/12件
28位:和泉市/12件

【調査概要】


調査実施日:2022年12月5日
調査対象サイト:「みんなの介護」https://www.minnanokaigo.com/
調査対象:「みんなの介護」に掲載している51,157件の介護施設
調査機関: みんなの介護(株式会社クーリエ)
算出方法:近畿エリア(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・和歌山県)に所在する「レビー小体型認知症」の方の受け入れが可能な老人ホームを都道府県別に集計


※主要な老人ホーム検索サイトを対象に掲載施設数の調査を行った結果、みんなの介護がNo.1を獲得しました。

【掲載施設数No.1 調査概要】


調査実施日:2022年10月24日
調査方法:自社(株式会社クーリエ)調べ
調査対象サイト:みんなの介護、LIFULL介護、探しっくす、オアシスナビ、シニアのあんしん相談室、MY介護の広場、有料老人ホーム情報館、いい介護
調査方法及び調査結果の詳細:調査対象サイトについて、調査期間中における各都道府県の施設掲載数(訪問介護事業所を除く)の積み上げ値を比較。各都道府県の施設掲載数については、調査対象サイトの都道府県のインデックスページに記載されている検索結果数について、実際の掲載数との整合性を確認の上、当該結果数の数値を採用。その結果、みんなの介護が掲載施設数でNo.1を獲得しました。



【株式会社クーリエについて】

株式会社クーリエでは、「きちんとした情報があれば、人はもっと良い選択ができる」という考えのもと「確かな価値を多くの人へ」という企業理念を掲げ、デジタルプラットフォームビジネスを展開し、新たな価値創造を追求しています。


〈関連ウェブサイト〉
介護情報の総合ポータルサイト「みんなの介護」
https://www.minnanokaigo.com/
介護の人材採用メディア「みんなの介護求人」
https://job.minnanokaigo.com/
連載コンテンツ「みんなの介護ニュース」
https://www.minnanokaigo.com/news/
介護福祉⼠ 国家試験対策ツール「ケアスタディ」
https://job.minnanokaigo.com/carestudy/
介護スタッフ広場「みんなの介護コミュニティ」
https://job.minnanokaigo.com/community/

〈公式SNS〉
「みんなの介護」Facebookページ
https://www.facebook.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」Twitter公式アカウント
https://twitter.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」 Instagram公式アカウント
https://www.instagram.com/minnanokaigo/
「みんなの介護」YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/minnanokaigo/
「みんなの介護求人」YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCWaUESoZ1t_e29FciH5btKg

【会社概要】
株式会社クーリエ
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー17F
代表取締役 安田 大作
コーポレートサイト
https://www.courier.jpn.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)