美容・健康 ビジネス・コンサルティング

「第30回日本産業ストレス学会」にてランチョンセミナーを共催しました

株式会社保健同人フロンティア
人々がWell-beingを実感できる職場、社会を目指す株式会社保健同人フロンティア(本社:東京都港区、代表取締役社長:段塚 忠宏、以下「当社」)は、2022年12月3日(土)に一橋大学 一橋講堂にて開催された「第30回日本産業ストレス学会」にて、ランチョンセミナーを共催しました。


セミナー概要


演目

若手社員が活躍するために必要なこと
―「職業性レジリエンス向上研修」の効果検証と日本航空株式会社の取組の実際―

演者

菅 優一郎 先生 (日本航空株式会社人財戦略部人財戦略グループ)
黒坂 泉    (株式会社保健同人フロンティア事業開発部第二室)

座長


大塚 泰正 先生(筑波大学 人間系)

当社が独自に開発した「職業性レジリエンス」の概念について、若手社員の活躍・早期離職課題の解決を目的とした研究内容及び従業員の「個人の資源」を高めることを人的資本経営の視点から講演いたしました。
また、企業の視点として、時代背景およびJALグループの理念に基づく、人財活躍支援の考え方や実際の取組についてご講演をいただきました。
会場、オンラインとも、多くの方々にご参加いただきましたことを改めて御礼申し上げます。

※職業性レジリエンス(R)は、株式会社保健同人フロンティアの登録商標です。

保健同人フロンティアについて:
1946年、結核療養のための啓発雑誌『保健同人』の発刊を目的に創業。その後、日本初となる「人間ドック」の創案や、一般家庭向け医学書『家庭の医学』発刊。今日に至るまで、健康保険組合や企業人事、事業法人など主要なお客様を対象に健康相談サービスや特定保健指導、EAPサービス、健康経営支援サービスなど人々のWell-beingの実現に向けた事業を展開しています。
2021年6月には、自社開発のストレスチェックツール「HoPEサーベイ」、2022年4月には、ヘルスケアアプリ「みんなの家庭の医学」等DXを駆使した新サービスをリリース。また、人々のWell-being実現を支援するための複合的ヘルスケアサービス「新デジタルプラットフォーム」を構築、提供しています。
2022年10月、株式会社保健同人社とヒューマン・フロンティア株式会社が合併し、会社名称を「保健同人フロンティア」に変更。
【会社概要】
社名: 株式会社保健同人フロンティア HOKENDOHJIN-FRONTIER Inc.
代表取締役社長: 段塚 忠宏
本社: 〒105-0004 東京都港区新橋1-1-1 日比谷ビルディング7F
株主: MBK Wellness Holdings株式会社
創業: 1946年6月1日
URL https://www.hokendohjin.co.jp/


〈本件に関するお問い合わせ〉
株式会社保健同人フロンティア
広報担当
E-mail: kouhou@hokendohjin.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)