出版・アート・カルチャー 外食・中食

【煮込み時間0~15分の驚異の手軽さ!】 “STAUB(ストウブ)の女神”大橋由香さんの新刊『「ストウブ」だから野菜がおいしい無水煮込み』、12/16に発売!!

株式会社主婦と生活社

水を一滴も加えずに調理することができるから、野菜の甘みとうまみが凝縮して最高においしくなるSTAUB(ストウブ)。STAUBの無水調理の第一人者・大橋由香さんの待望の新刊『「ストウブ」だから野菜がおいしい無水煮込み』が、12/16(金)に主婦と生活社より発売。野菜のおいしさを存分に堪能できる1冊です。



●実は時短料理が得意=光熱費節約にも役立つストウブ!
重たいふたが特徴のストウブは、高い保温性・蓄熱性をもち、水を加えずに食材の水分だけで「無水調理」ができるのが大きな特徴。しかも、加熱後にふたをして置いておけば余熱調理ができるので、実は煮込み時間は短くてOK。この本のレシピは、蒸気が出てから煮込む時間はわずか0~15分!実はストウブは時短調理が得意=光熱費節約にも大いに役立つ鍋なのです。


◆本書の5大特長◆

1.野菜別の構成で引きやすさ抜群!少ない材料、最小限の調味料で作れる、しみじみおいしい煮込みをご紹介。


キャベツ、大根、白菜…と、野菜別の構成で引きやすさは抜群。身近な材料を使い、最小限の調味料で、最短の煮込み時間で作れるレシピは、毎日使うことが可能。時間がない人ほどストウブに頼ればOK!まさに実用度満点のレシピ本です。


2.主菜の煮込みは、鶏肉、豚肉、ひき肉、鮭やたら、えび…など、身近な食材を使った煮込み時間3~15分のものばかり!



かたまり肉をとろとろに…なんて、週末じっくり時間をかけて作る煮込みもいいけれど、毎日のごはん作りにこそ役立ててほしいストウブ。骨つき肉、かたまり肉、一尾魚…ではなく、火が通りやすい食材を使うことで、日々のごはんを手軽に極上の味に!それがこの本の狙いです。


3.副菜は野菜1つで作れて、煮込み時間はわずか0~10分!


ストウブは、副菜作りも大の得意。野菜1つで作れる副菜は、なんとすべて煮込み時間10分以内という手軽さ!鍋が温まったらあとは混ぜるだけで完成する、“煮込み時間0分”のものもあります。


4.この本のすべてのレシピが、直径20cmの鍋1つで作れます!


形、デザイン、サイズ…バラエティ豊かなラインナップが揃っているストウブですが、もっとも使いやすくておすすめなのが、直径20cmの「ピコ・ココット ラウンド」。本書ではこの鍋さえあれば、すべての料理を作ることができます。ストウブ初めてさんにも最適なコンテンツです。


5.鍋に重ねて入れる順番がバッチリわかる、プロセスカットつき!


鍋にどの順番で重ねて入れるかで、火の入り具合が違ってくるストウブ。ほぼすべてのレシピに、具材の重ね方がバッチリわかるプロセスカットつきです!



このほか、野菜が最高においしくなるストウブの煮込みを81レシピもの圧倒的ボリュームで紹介。ストウブならではのうまみが凝縮した無水煮込み、ぜひ実感してください。


【著者紹介】


大橋由香(おおはし・ゆか)さん
料理研究家、神奈川県厚木市のストウブビストロ「はるひごはん」店主。調理学校を卒業後、フレンチレストランなどで経験を積み、結婚、出産を経て2014年にお店をオープン。企業のレシピ開発、雑誌やWEBでのレシピ紹介、イベント講師等で活躍中。オンラインでの料理教室、YouTube「ずぼら料理教室」主宰。2011年よりツヴィリング J.A. ヘンケルス ジャパンから依頼を受け、百貨店での調理デモンストレーションを全国で開催。著書に『「ストウブ」だから手間なしでおいしい無水煮込み』(主婦と生活社刊)など多数。

はるひごはん ストウブビストロ×厚木野菜
神奈川県厚木市幸町1-14
https://haruhigohan.com


【書籍情報】
『「ストウブ」だから野菜がおいしい無水煮込み』
著者:大橋由香
発売日:2022年12月16日(金)
定価:1560円(本体1500円+税10%)
ISBN:978-4-391-15863-2
発行所:株式会社主婦と生活社
〈主婦と生活社HP〉
https://www.shufu.co.jp/bookmook/detail/978-4-391-15863-2/
[Amazon]https://www.amazon.co.jp/dp/4391158639/
[楽天ブックス]https://books.rakuten.co.jp/rb/17330069/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)