住宅・建築・建設 医療・医薬・福祉

マツ六、製品安全対策優良企業表彰(PSアワード)2022 中小企業 製造事業者・輸入事業者部門 経済産業大臣賞を受賞

マツ六株式会社
ー意地悪試験や社内情報共有への取組みなどが評価され2度目ー

マツ六株式会社(本社:大阪市天王寺区四天王寺1丁目5番47号、代表取締役社長:松本 將)は、経済産業省が主催する『第16回製品安全対策優良企業表彰(PSアワード2022、以下「PSアワード」)』中小企業 製造事業者・輸入事業者部門に於いて、経済産業大臣賞を受賞しました。第14回(令和2年度)に続き、2度目の受賞となります。 



PSアワードについて



PSアワードとは、企業や団体の製品安全に関する優れた取組を表彰する制度で、製品安全を確保するための体制を審査するとともに、特に優れた取組みに重点を置いて評価されます。

当社では令和2年度の同賞受賞後も更なる製品安全の向上に努め、今回は以下「受賞のポイント」に挙げる項目を特に評価いただき、再び最上位の経済産業大臣賞をいただくことができました。今後ともお客様に当社製品を安心・安全にご使用いただけるよう、社員一同尽力して参ります。


受賞のポイント

●意地悪試験や他社製品との比較による安全性の客観的検証と改善の取組
消費者の誤使用などによる最悪の事態を想定した意地悪試験を通じ、自社製品の安全性を客観的に検証し、得られた課題を製品改良につなげている。また、他社の類似製品に対して自社基準での試験を実施し、自社製品との比較検証を行うことで、より安全な製品づくりを志向している。


●誤使用・誤設置防止に向けたウェブサイトや動画などによる情報発信
製品に関する知識が十分でない消費者などによる誤使用や誤設置を防止するため、正しい使用や設置に関する情報を自社ウェブサイトや動画、販売店などでのリーフレット配布などを通じて発信している。特に誤設置に関しては、間違った施工例とそれによる危険性を動画によって視覚的に示すことで、より消費者に伝わるよう工夫している。


●データベースによる問い合わせ情報等の管理と開発部門も含めた社内共有
顧客からの過去の問い合わせやクレーム情報を社内データベースによって一元管理し、検索や分析が容易に行える形とすることで、開発部門を含めた社内全体に情報共有が図られる仕組としている。また、過去の製品事故例はケーススタディ化することで、同様の事故防止を目指している。




マツ六株式会社について

当社はビル・住宅建築関連資材を取り扱う専門商社として、つねに「生活情報」と「最新技術」を先取りし、商品やサービスの研究・開発を積極的に推進して参りました。また2000年に介護保険制度が設立されたことを契機に、バリアフリーリフォーム商材の開発にも注力。創業から守る理念『協調互敬』のもと、医療、福祉・保健、建築の連携や協力メーカー様との協業を進めながら、商品という「モノ」ではなく、ユーザー様の豊かなくらしという「コト」のご提案で、製品安全の実現に取組んでいます。

【会社概要】
会社名:マツ六株式会社
本社所在地:〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-5-47
代表者:代表取締役社長 松本 將
https://www.mazroc.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)