医療・医薬・福祉

iMU株式会社 歩行解析計 iMU One の医療機器製造販売届出を完了

iMU
 慶應義塾大学医学部発のヘルスケア・スタートアップ iMU株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:名倉武雄、以下:iMU)は、5mほど歩くだけで簡易・迅速・安価に膝への負担を可視化する「 歩行解析計 iMU One 」 について、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)への医療機器製造販売届出を2022年12月8日付で完了したことをお知らせいたします。この届出は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(医薬品医療機器法等)に基づき行われたものです。


 iMUは、慶應義塾大学医学部整形外科学教室バイオメカニクス研究室の研究成果を社会実装するために設立され、変形性膝関節症(以下:膝OA)の予後を反映するとされる”膝内反モーメント KAM( Knee Adduction Moment )”を利用することにより、膝OAのリスク予測や、リハビリ・日常生活における膝保存のためのアドバイスの提供を目指し製品開発に取り組んでまいりました。


 このほど、ファースト・プロダクトとなる「歩行解析計 iMU One」を開発し、医療機器製造販売届出を完了いたしました。今後、医療機関への販売や、KAMの普及に向けた取り組みを加速してまいります。


■導入検討機関向け waiting list 設置
 届出完了を受け、「歩行解析計 iMU One」の導入をご検討される医療機関向けのwaiting list登録フォームをホームページ上に設置いたしました。ご登録いただいた医療機関には、販売準備が整い次第、最新情報をお届けいたします。
ホームページ:https://www.imujapan.com


■iMU 代表取締役社長CEO 名倉武雄 コメント
 整形外科医として膝OAの治療に毎日携わる中で、病気の悪さをきちんと評価できない、患者さんがなかなか良くならないという場面に度々遭遇してきました。また、医療分野における技術は日々発展を続けている中で、膝OAの治療においては、未だに60年前の診断基準を用いるのが主流です。

 私は、20年以上歩行解析を用いた膝関節評価方法の研究に従事しており、「より簡易に歩行を解析し、膝の病態を可視化することができないか」と常に考えてきました。ようやくそれを形にすることができました。

 iMU Oneを使えば、日頃の診療で簡単にKAMを推測できます。これにより、患者さんにより有効な治療法を提案する一助となれば幸いです。そして、一人でも多くの患者さんが一日でも早く膝の痛みから解放されることを願っています。


【会社概要】
◯本社所在地:東京都中央区日本橋室町二丁目4番3号日本橋室町野村ビル7階
◯代表者:代表取締役 名倉武雄
◯設立:2020年2月28日
◯ホームページ:https://www.imujapan.com
◯お問い合せ: info@imujapan.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)