交通・運輸・輸送 医療・医薬・福祉

Charichari(チャリチャリ)は福岡市と共同し、シェアサイクルで医療・介護に従事する方の移動を支援します

neuet
Charichari(チャリチャリ)と福岡市は、医療や介護に従事していただいている方々を支援します

福岡市と共同でシェアサイクル事業を実施しているneuet株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:家本賢太郎)は、日々医療や介護に従事していただいている方々を応援するため、シェアサイクルによる支援策を実施しております。



新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止に対し、最前線で医療や介護に従事していただいている方々を応援するため、neuet株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:家本賢太郎)は福岡市と共同し、福岡市にて展開中のシェアサイクル「Charichari(チャリチャリ)」による移動を提供する支援策を実施しております。

■ 支援策
利用料金:1分4円 ⇒ 15分間/回の利用料金を60回無料

詳細:対象者の方からのお申し出に基づき、1回あたり最大15分間まで無料になるライドチケットを60回分提供いたします。ライドチケットは、受け取りから30日間有効です。

■ 対象者
福岡市内の病院・診療所・介護施設にお勤めの方

■ 受付期間
2020年5月11日(月)~5月31日(日)
下記URLもしくはQRコードから申し込みいただけます。
申し込みから3営業日以内にライドチケットの受け取り方法をご連絡いたします。

申し込みはこちら:
https://charichari.bike/campaign/2005ourhero


■ Charichari(チャリチャリ)について
「Charichari(チャリチャリ)」は、スマートフォンアプリで専用の赤い自転車の鍵をあけ、かんたんにご利用いただける、シェアサイクルサービスです。2018年2月27日に福岡市にてサービスを開始しました。いつでもどこでも、乗りたいときにすぐ利用できる体験の提供を目指しています。福岡市および民間の事業者による提供をうけ、福岡市内における駐輪ポート数は260箇所を超え、生活や観光の交通手段のひとつとして多くのシーンで選ばれています。※

福岡市では、2020年4月からneuet株式会社と共同で「福岡スマートシェアサイクル事業」に取り組んでおり、本市における新たな移動手段の一つとして、都心部を中心に順次展開エリアを拡大しております。

・福岡市 支援策のご案内
https://www.city.fukuoka.lg.jp/doro-gesuido/cycle/shisei/doge_bicycle_sherecycle_de_idousien.html

・Charichari(チャリチャリ)
https://charichari.bike

※2020年3月15日時点
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)