暮らし 医療・医薬・福祉

「育てにくいダウン症の子が3ヵ月で変わる究極のコミュニケーション」

株式会社パステルコミュニケーション
株式会社パステルコミュニケーション(本社:東京都豊島区、代表取締役吉野加容子)代表の吉野加容子が開発した、親子のコミュニケーションをスムーズにして子どもの発達を加速させる「発達科学コミュニケーション」講師・松下かよによる、「育てにくいダウン症の子が3ヵ月で変わる究極のコミュニケーション」を無料配布開始しました。ダウンロードはこちら<https://www.agentmail.jp/lp/r/8200/76067/〉





はじめまして。発達科学コミュニケーショントレーナー松下かよです。親子のコミュニケーションをスムーズにしてダウン症キッズを働く人に育てる専門家です。


年末年始はお母さんは一年のうちで一番気持ち的にも時間的にも余裕がなくなる時期です。楽しいイベントや帰省も、ストレスがたまると親子関係が一気に悪化してしまう原因にもなります。


この度は、育てにくいダウン症の子が3ヵ月で変わる究極のコミュニケーションをお伝えする小冊子をリリースいたしました。


ダウン症のお子さんの発達支援については、療育や様々な教室に通っていらっしゃる方が多いと思います。しかし、我が子がそうだったように、週に1回1時間程度の支援では、発達が進まないという現状があります。


また、訓練を嫌がって前向きに取り組むことができないお子さんもいます。大事なのはダウン症の子がやらされていると感じることなくサポートすることだと私は考えています。


ダウン症の子ども たちは無理⽮理やらされているというネガティブな印象を持つと、指導者の指示に従うのが難しくなります。すると、一生懸命通っても、訓練の効果が思ったほど得られません。
また、子どもは脳の発達段階から言っても、サポートの量が決め手になります。


本書ではいつでもどこでもママが子どもに発達支援することができるたった一つのコミュニケーションの型をお伝えしています。
ママがお家で療育する発達科学コミュニケーションでお子さんに気づかれずに365日発達のサポ ートができるから、3ヵ月で効果が出ます。


ダウン症の子どもは日常生活の母親の声かけで、脳の発達が進み、ぐんぐん伸びることが、我が子を通して分かりました。
うまく想いが伝わらない時は、怒ったり、叩いたり、物を投げたり、座り込んで動かないなど問題行動も多かった息子が、自分の想いを言葉で伝えられるようになって穏やかになり、問題行動がみるみる減り、意欲的に挑戦する子どもに変わりました。


年末年始の忙しい時期だからこそ、今すぐできるシンプルなおうち発達支援で育てにくさを卒業するきっかけを手に入れてください。


ダウンロード方法


https://www.agentmail.jp/lp/r/8200/76067/

こちらより、メールアドレス・お名前をご登録してお受け取りください。



【著者プロフィール】
発達科学コミュニケーショントレーナー 松下かよ

自信のないダウン症キッズが自分で考えて動き出す力を育てる専門家です。6歳のダウン症の男の子を育てています。子どももママも常識を飛び越えて、もっと豊かな人生を生きていくお手伝いをします。

こちらにて詳しい情報をお届けしています「1日1分で読めるメール講座」→https://www.agentmail.jp/form/ht/32434/1/



■発達科学コミュニケーションとは?

発達科学ラボ主催の吉野加容子が、臨床発達心理⼠として15年間行ってきた発達支援の実績と経験、および脳科学・心理学・教育学の知識をベースに独自にまとめた、科学的根拠に基づいた、脳の成長・発達を促すコミュニケーション法です。子どもの特性を理解し、子どもの良さを引き出す日常のコミュニケーション術です。発達科学コミュニケーションをマスターすれば、お子さんと会話するだけで、お子さんの困った行動が減り、意欲や能力が伸びます。



【会社概要】

社名:株式会社パステルコミュニケーション

代表者:吉野加容子

所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階

事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業 URL: https://desc-lab.com/

「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を目指し、関係するすべての人々、関連機関・団体が一体となって取り組む国民運動、「健やか親子21」応援メンバー

記事にするしないに関わらず、情報収集の一環としてお気軽にお問い合わせくださいませ。リサーチ・ご要望・ご相談などもお気軽にお問い合わせください。

大変お忙しいとは存じますが、報道のお力で、悩む保護者の方へ情報が届き発達障害グレーゾーンの子をはじめ子どもたちの生活が、よりよきものに変わるきっかけとして頂けましたら幸いです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)