自動車・バイク 医療・医薬・福祉

国外空港初!ウィニペグ国際空港でWHILL自動運転サービスが実用化

WHILL株式会社
~保安検査前からの移動サービス提供でより広い範囲をカバーし、国際旅客の快適な移動をサポート~


 WHILL株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 CEO :杉江理、以下「WHILL社」)は、 カナダのウィニペグ国際空港で、「WHILL自動運転サービス」が正式導入されたことを発表いたします。国外における本サービスの実用化は初で、2020年から安定運用されている⽻田空港と2022年10月より導入された関西国際空港に続くものです。

 WHILL自動運転サービスでは、空港を利用されるお客様自身のタッチパネル操作で、自動運転パーソナルモビリティ(一人用の乗り物)を使って、WHILLステーション場所(乗り場)から目的の搭乗口まで移動することが可能です。これにより、通常は案内所などで車椅子を借りる方、長距離の歩行や体力に不安を感じられる方、ご高齢の方など、すべてのお客さまに広い空港内を、気兼ねなく快適に移動いただけます。

 IATA(国際航空運送協会)によると、2038年までに旅行者の3人に1人が何らかの介助やサポートを必要とするとされています(注1)。ウィニペグ国際空港ではスタッフによる車椅子プッシュサービスもありますが、世界的な高齢化や昨今の旅行需要の回復などを背景に将来的な人員不足が予想されます。WHILL自動運転サービスは、お客様を目的の搭乗ゲートまで自動運転にて案内するため、スタッフの負担軽減が期待できるだけでなく、安定した移動サービスの提供による顧客サービスの向上にも貢献します。

注1:2022 Global Passenger Survey, International Air Transport Association www.iata.org

 また、ウィニペグ国際空港での導入では、保安検査前のチェックインエリアからWHILL自動運転サービスを利用することが初めて可能になりました。より長距離のルートをカバーできるようになることで、一層快適に移動していただけます。

ウィニペグ国際空港 CEO Nick Hays コメント
「すべての人にとって目的の場所にアクセスしやすくなることは今後ますます重要な課題となっていきます。私たちは最先端の技術を用いることで、空港内の移動において、よりバリアフリーなサービスを提供したいと考えています。WHILL自動運転サービスの導入は、この目標達成に向けた重要な一歩です。」

WHILL社 北米法人 CEO Kerry Renaud コメント
「長距離の歩行や体力に不安を抱える方を含め、誰にとっても移動しやすい環境を整えることは世界的な課題です。ウィニペグ国際空港との連携は、空港という公共施設内の快適な移動環境の基準を引き上げることにつながると考えます。WHILL社は引き続き、プロダクトとサービスを世界中に展開していくことで、すべての人の移動を楽しくスマートにすることを目指します。」



■サービス導入概要
◇導入場所:ウィニペグ国際空港 2F出発ターミナル
◇運用時間:9:00~17:00
◇WHILLステーション場所:チェックインカウンター付近
◇サービス内容:チェックインカウンター付近のWHILLステーションから保安検査場を通って、目的の搭乗ゲートまで自動運転にて案内。降車後は、無人運転により元の場所まで返却。※保安検査付近はWHILL自動運転サービスを利用することができないため、スタッフがサポートします。
◇ご利用対象:空港をご利用のすべてお客様 ※一部制限がございます。

※サービス運用は、状況等に応じて予告なく変更となる場合もございます。


 WHILL社はこれまで、国外空港では、サンノゼ国際空港、ジョン・F・ケネディ国際空港(米国)、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(米国)、ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港(米国)、ダラス・フォートワース国際空港(米国)、ジェラルド R. フォード国際空港(米国)トロント・ピアソン国際空港(カナダ)などで実証実験を重ねています。

■WHILL自動運転サービスについて
WHILL社が開発する、デザイン性と走破性に優れたパーソナルモビリティに自動運転・自動停止機能などを搭載した「WHILL自動運転モデル」と、複数の機体を管理・運用するシステムから構成される、歩道・室内領域のための自動運転システム。あらかじめ収集した地図情報と、センサー群で検知した周囲の状況を照らし合わせ、自動走行および自動運転による無人での返却が可能。


<WHILL社について>
WHILL社は、「すべての人の移動を楽しくスマートにする」をミッションとして、世界中で近距離移動のプロダクト・サービスを展開しています。2012年5月に日本で創業し、2013年4月に米国、2018年8月にオランダ、2019年12月には中国に拠点を設立しました。近距離モビリティWHILLの販売、レンタルサービス、及びシェアリングサービスの3事業を展開し、販売とレンタルサービスの事業では高いデザイン性や操作性などを備えたWHILLを、20以上の国と地域で展開しています。シェアリングサービスの事業では、自動運転とマニュアル運転の両形態を活用し、スポット的にだれもが目的地まで安全かつ快適に移動できるプラットフォームを提供しています。3本柱の事業を通じ、歩道だけでなく屋内まで走ることができ、他の移動手段では行けなかった、どんな場所にもつながる世界を構築します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)