流通 インテリア・雑貨

【歩くベッド第二弾】独自のエアパッド設計!⾚外線内臓インソール immerse pad Walk(イマースパッドウォーク)をキャンプファイヤーで限定発売!

株式会社 immerse japan
株式会社イマースジャパンは自社PB商品 immerse pad Walk(イマースパッドウォーク)を2022年2022年12月20日(火)からCAMPFIRE(キャンプファイヤー)で限定販売いたします。 プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/644485/preview?token=tus388cg&utm_campaign=cp_po_share_mypage_projects_show 開始日:2022年12月20日(火) 終了日:2022年1月31日(火) 目標金額:50,000円 応援購入金額:3,735円(税込)から プロジェクト起案者:immerse japan お気に入り登録して頂くと公開時メールにて通知致します。



現在販売中の「歩くベッド」TECSEAT softairWalk(テックシートソフトエアウォーク)の第2弾としてimmersepadWalk(イマースパッドウォーク)をキャンプファイヤーで12月16日に発売します。
immerse pad Walkは衝撃に合わせてエアパッド内の空気が移動する機能に加え、足つぼを効果的に刺激するエアセル突起と通気穴がプラスされた画期的な商品です。


■immersepad Walkの5つの特徴■
1.「歩くベッド」圧力分散エアパッド設計
2.エアセル突起が足裏を程よく刺激
3.「呼吸させる」通気⽳と対流式浅溝設計で蒸れにくい
4.三層構造と⾚外線で靴内の熱と蒸れ臭いを防ぐ
5.厳格な国際基準をクリアした工場





「歩くベッド」圧力分散エアパッド設計


圧力がかかるとエアセル内の空気が均等に循環して衝撃吸収します。
これにより足裏にかかる負担を効果的に和らげ、適度な反発力であなたの足の形に合わせて対応し、歩行をアシストします。自動の空気調整で効果的に衝撃吸収が可能です。

実際に接地面の圧力を測定機で測定してみたところ平均圧力の値が25%減少しており、これにより圧力が分散されている事が分かります。



普通に立った場合の平均圧力(40.1kpa)に対し、immersepadWalkの上に立つとピーク圧力(30.09kPa)が25%減圧しました。




エアセル突起が足裏を程よく刺激


突起状のエアセルが足裏の足つぼを程よく刺激し、歩行中も足をケアしてくれます。
それぞれ違う大きさのエアセルには一つ一つ空気が入っており、反発力を保っています。
エアパッドが足裏を気持ちよく刺激するので、足の筋肉に刺激を与え、体の負担軽減をサポートします。




「呼吸させる」通気⽳と対流式浅溝設計で蒸れにくい


immerse walk seatには多数の通気⽳が空いており、通気性抜群で群れを防ぎます。熱い夏やスポーツ時も快適な環境を作ります。





三層構造と⾚外線で靴内の熱と蒸れ臭いを防ぐ


独自の3層構造で優れたクッション性とエアセル間の溝で高い通気性を備え、熱のこもり、蒸れ、臭いを防ぎます。足に触れる層には⾚外線が含まれており、細菌の繁殖を抑え、抗菌、防臭、消臭の効果が期待できます。遠⾚外線は高い抗菌性と防臭性であなたの足を快適に保ちます。


厳格な国際基準をクリアした工場immerse pad Walkを生産している工場は多数の国際特許を取得しており、SGS規格に合格した基準で生産されています。⾮常に丈夫な設計で車重による耐荷重テストにクリアしています。

数々の国際特許を取得しています。






immersepadWalkはこんな時に活躍します。


・立ち仕事
・日々の通勤
・アウトドア
・スポーツ
・散歩
・仕事の外出・出張
・オフィス内
・ショッピング

【商品概要】
プロジェクトURL:https://camp-fire.jp/projects/644485/preview?token=tus388cg&utm_campaign=cp_po_share_mypage_projects_show
商品名:immerse pad Walk (イマースパッドウォーク)
商品サイズ
S(23.0~25.5)幅8.5cm 長さ25.5cm 高さ130cm
M(26.0~31.0)幅10.5cm 長さ31.0cm 高さ1.3cm
重量 :S28g M41g
素材:LYCRA/TPU
生産国:中国
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)