医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

介護施設のご利用者を対象にした英語の“学び直し”プログラム パソナフォスター『脳活英語』1月6日(金)開始 ~英語による、生きがい創出や心身の健康促進をサポート~

株式会社パソナグループ
総合保育サービスを展開する株式会社パソナフォスター(本社:東京都港区、代表取締役社長 長畑久美子)は、同社で提供する英語教育メソッド「Angie&Tony(アンジー アンド トニー)」を介護施設のシニア向けにカスタマイズした英語プログラム『脳活英語』を1月6日(金)より提供開始いたします。




▲デイサービス・蓮根邸で行ったトライアルの様子

高齢化が進み、2000年から約20年で要介護認定者数は約3倍の659万人(※)に増加。今後通所型介護のニーズの高まりが予想される中、各介護施設では利用者の満足度向上を図るためのアクティビティの充実に注力しています。

パソナフォスターがこの度提供開始するシニア向け“学び直し”英語プログラム『脳活英語』は、主に介護施設のシニアを対象にサービス提供いたします。
同プログラムは、同社が展開する幼児向け英語教育メソッド『Angie&Tony』をカスタマイズし、英語習得による年齢・国籍を越えたコミュニケーションの促進や、身体と頭を使った英語のアクティビティによる認知症予防を図り、新たなことへ挑戦する機会創出を通じて、シニアの心身の健康促進に寄与いたします。

また、英語プログラムを受けている介護施設のシニアと、パソナフォスターが展開する保育施設の子ども達が英語で交流するイベントなどを実施することで、「高齢者×子ども」の交流による心身の健康を促すと共に、「介護人材×保育人材」の交流などライフソリューション分野の知見を広げる機会を作ってまいります。

パソナフォスターは『脳活英語』を通して、人生100年時代においてシニアが新たな知識の習得や挑戦を通して、更なる向上心や生きがいを持って人生を楽しむイキイキと健康に輝くことが社会を目指してまいります。

※令和2年3月 厚生労働省 社保審-介護給付費分科会資料


「脳活英語」概要

販売開始:
2023年1月6日(金)

対象:
介護施設のご利用者(年齢による利用制限なし)

内容:
介護施設の利用者の方々の、ご家族内及び、国籍を越えたコミュニケーションの促進、英語のアクティビティによる認知症予防のサポート等、シニアの心身の健康促進に寄与すること目的に実施する学び直し英語プログラム

※ご対象者の年齢、英語習得状況に合わせて下記のコースを設定
・HOPコース / 英語の単語などを視覚から楽しく覚えるコース
・STEPコース / 英語の文章などを楽しいゲームで触れるコース
・JUMPコース / 英語の会話などを実践を交えて学ぶコース

実施:
月2回、各回45分のプログラム

料金:
月額29,975円(税込)/1クラス
※月1回実施の場合は、プログラム費用8000円を割引いたします
※30名以下の場合、利用者用教材費400円×人数分(月額)の割引をいたします

定員:
30名(最少25名)

お問合せ:
株式会社パソナフォスター イノベーショングループ(アンジー&トニー担当)
Tel 03-6734-1280


ご参考/幼児向け英語教育メソッド「Angie&Tony」

子どもが日常生活で使う言葉をキーフレーズとして厳選し、 オリジナルソングにすることで、歌って踊り、ゲームをする だけで、キーフレーズを覚えてしまう幼児教育メソッド。
英語が堪能になることよりも、英語を好きになり、コミュニケーションの楽しさを知ることで、気おくれせずに英語で話し、自分を伝えられるようになることを目的としている。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)